スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/5 GW9日目 でっかくなっちゃった!!

   

今日からウミウシダイブスタート。ゲストはウミウシ大好きKさんと地元リピーターのKさん。WKさんだったとは知らなかった。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

ハードなビーチは体力的に無理と知ってはいるけれど、ここなら行けそうってポイントで探してみました。

年末年始は全然少なくて愕然とした場所に潜降。はてさて……。

程よいサイズのレモンウミウシや

レモンウミウシ

レモンウミウシ

ファーストタッチで見つけたブチウミウシ、

ブチウミウシ

ブチウミウシ

GWにユキヤマを見つけて、

ユキヤマウミウシ

ユキヤマウミウシ

お客様からのモンコパス。

モンコウミウシ

モンコウミウシ

なぜか大量……と言っても差支えないぐらいたくさん見られたチギレフシエラガイ。

チギレフシエラガイ

チギレフシエラガイ

かわいい名前のシモフリカメサンウミウシ。

シモフリカメサンウミウシ

シモフリカメサンウミウシ

ミガキブドウガイは浅瀬にいっぱいだった。

ミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ

お客様からのスルーパスはシノビイロウミウシ。

シノビイロウミウシ

シノビイロウミウシ

地味なパスを私から、ビワガタナメクジでしょう。

ビワガタナメクジかな

ビワガタナメクジかな

こちらは出会えると嬉しいイチゴミルクウミウシ。5ミリの極小です。

イチゴミルクウミウシ

イチゴミルクウミウシ

ネアカミノウミウシ。

ミノ系は少なくて、あんまり出てこなかった。アオセンミノウミウシですら出てこなかった。

ネアカミノウミウシ

ネアカミノウミウシ

シロスジヒオドシウミウシ発見。

シロスジヒオドシウミウシ

シロスジヒオドシウミウシ

お客様からのナイスパスはアカホシコヤナギウミウシ!!

私はウミウシを見つける時、目で見て探す派なので、コヤナギ系をなかなか見つけられないので、あおり派の捜索者と一緒に潜ると普段出会えない奴に出会えてうれしいです。

ならば、私もあおり派の真似事をすればいいじゃないか……と言われそうだが、やってもそんなに見つけられないんだよねー。

自分で見つけやすいのは、ライトと拡大鏡でちゃんと見て探す方法。それで探してきたから、それの方が探しやすいです。

アカホシコヤナギウミウシ

アカホシコヤナギウミウシ

ラベンダーウミウシ見っけ。

ラベンダーウミウシ

ラベンダーウミウシ

そのすぐ近くにいたコトヒメウミウシ属の一種。変わったデザインだよね。

コトヒメウミウシ属の一種

コトヒメウミウシ属の一種

マントヒヒ顔が輝いていたように現場では見えたので、思わず撮影。

マントヒヒホヤ

マントヒヒホヤ

最後の最後、エグジット寸前に大きなミガキブドウガイがいたのでまた撮っちゃった。

ミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ

ここで地元リピーターさんとお別れ。

夏でも2ダイブのお客様なので、まだ水が温かくないこの季節は当然のごとく2ダイブで終了です。

ウミウシは想像を大きく覆し、かなりたくさんのウミウシが見れました。

よしっ。

このまま増えろ。でも、まだまだみんな小さいなーって印象です。

 

で、午後からどこに行くべきか相談し、結局レッドビーチに来てみました。

危惧していた透明度も思っていたよりも全然クリアでした。

ほっ。

よし、探しましょう。

ニシキウミウシ

ニシキウミウシ

ニシキウミウシはかわいいサイズでした。

ぜひとも見つけたかったアカマダラツガルウミウシは極小をゲットできました。2ミリぐらい。

アカマダラツガルウミウシ

アカマダラツガルウミウシ

砂地を移動すればまだ見らたぞツノザヤウミウシ。

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

そして、あまりの大きさに驚愕。

なんだこのでっかさは。

マギー審司の耳ネタが水中で何度もリフレイン。

「でっかくなっちゃった」

撮影しながら、え、え、、これって、本当にミルタブランカでいいの?

「でっかくなっちゃった?」

やっぱ、どう見てもミルタブランカ。「でっかくなっちゃった」

周囲のうねうねは卵だよね。産卵していたのか。「でっかくなっちゃった」

でっかくなるとこんなに黒色が増えるのか?! 渋い‼ 「でっかくなっちゃった」

アカマダラツガルウミウシ

アカマダラツガルウミウシ

お客様の撮影が終了した後にもう一度撮影してしまった。

いやー、本当にでっかいなー。いつもこんなの見れたら楽なのに。サイズは15ミリぐらいありましたよ。

あ、でっかいって言っても、15ミリぐらいなんですけれど、それでもこれは革命的にでっかいです。

アカマダラツガルウミウシ

アカマダラツガルウミウシ

普通にでっかいウミウシにも遭遇。ニシキウミウシ。

ニシキウミウシ

ニシキウミウシ

同じ現場にいたケラマコネコウミウシ。かわいいよね。

ケラマコネコウミウシ

ケラマコネコウミウシ

と、レッドビーチでもいろいろ見られて、総じて、ウミウシダイブとしてはまぁーまぁー良かった1日でした。

ちゃんちゃん。

明日がラストだ。がんばろう。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

最新記事 by spitzseko (全て見る)

 - 05/2019, ダイビングログ , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

コトヒキ子供
11/8 河口を調査もアタリは出ず

もう明日にはお客さんが来られるというのに、さしあたって特筆できるようなネタはない …

ミスガイ
6/2 ミスガイパラダイス

夏のダイビング中断時期前に保留にしていた6/2のログを書かないことには7月に突入 …

ハナビラクマノミ
9/29 真栄田岬で2本

昨日のメンバーで今日もダイビング。が、今夕にはケラマに向かって旅立たれるので、今 …

ジャノメハゼ改めオウギハゼ
オウギハゼの追記情報

ジャノメハゼだと思っていたハゼでしたが、ハゼ図鑑の解説者でもあるS先生によると、 …

ハゼ科の一種
11/13 ミナミシラヌイハゼ近似種だったのか……

今日もハゼを探すダイビング。相談の結果、昨日とほぼ同じようなコースを巡ることとな …

カニさんの子供
10/7 万座4ボートダイブ

リピーターさんの最終日。今日は瀬良垣漁港からのボートダイブ。 沖縄本島恩納村でダ …

テングカワハギ
7/15 リベンジ真栄田岬

今日もリピーターさんとマンツー。 この前見つけたニシキフウライウオやスミレナガハ …

ナカモトイロワケハゼ
9/26 透明度最高~!!

リピーターさんの最終日。今日は地元のリピーターさんも合流して楽しく潜ってきました …

ボブサンウミウシ
2/14  ウミウシいろいろ

風の予報は北東から東。西海岸周辺は風波こそなくなって穏やかになったものの、うねり …

ずっといる貝の仲間
6/12 黒い噛み痕

梅雨の雨が止まない沖縄です。いい加減、晴れてほしい。 沖縄本島恩納村でダイビング …