スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

11/8 河口を調査もアタリは出ず

   

もう明日にはお客さんが来られるというのに、さしあたって特筆できるようなネタはない。あらららららら。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

なにかしらの出会いがあればいいな~と多いに期待して河口に行ってみた。

ここのポイントにはパッと見てわかる魚が……まだ少ない。みんな地味で小さくて、体の模様もわかりずらい……。

なので、見られる生物は全部撮るべし、べし、べし~。

普通種もたくさんいます。タカノハハゼから。

タカノハハゼ

タカノハハゼ

オイランハゼ

オイランハゼ

オニカマス

オニカマス

ホシハゼかな

ホシハゼかな

サラサハゼ子供

サラサハゼ子供

ハタタテギンポ子供

ハタタテギンポ子供

そしてこのへんから混乱していく……。

ホクロハゼだと思います。

ホクロハゼ子供かな

ホクロハゼ子供かな

コトヒキは浮袋の振動で琴のような音を出すらしく、名前の語源は琴を弾いているかのようなので、琴弾きというらしい。

なんて由来なんだ。でも、コトヒキなんてここでしか見ないぞ。

コトヒキ子供

コトヒキ子供

さぁー、悩ましきサルハゼ、ヒメハゼ、スジハゼのワンダーランドだ。

もう……、名前がわからいよぉうっ!!

サルハゼ属の一種

サルハゼ属の一種

サルハゼ属の一種

サルハゼ属の一種

サルハゼ属の一種

サルハゼ属の一種

ホホグロスジハゼかな

ホホグロスジハゼかな

ホホグロスジハゼかな

ホホグロスジハゼかな

サラサハゼ

サラサハゼ

ハゼ科の一種

ハゼ科の一種

ヒメハゼ属の一種

ヒメハゼ属の一種

ヒメハゼ属の一種

ヒメハゼ属の一種

ヒメハゼ属の一種

ヒメハゼ属の一種

ホホグロスジハゼ

ホホグロスジハゼ

ホホベニサラサハゼ

ホホベニサラサハゼ

マツゲハゼかな?

マツゲハゼかな?

ホクロハゼかな?

ホクロハゼかな?

ホシハゼ

ホシハゼ

ヒメハゼの仲間

ヒメハゼの仲間

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

ホホグロスジハゼ

ホホグロスジハゼ

カマヒレマツゲハゼだと思います

カマヒレマツゲハゼだと思います

ホホグロスジハゼ

ホホグロスジハゼ

わからん……、ハゼ科の一種

わからん……、ハゼ科の一種

ホホグロスジハゼ

ホホグロスジハゼ

浅場で奮闘したので、普通のダイビングもやっておこう。もしかしてヘルフリッチ見たいって言われても困らないように、こちらもちゃんとフォローしとく。

シコンハタタテハゼ

シコンハタタテハゼ

好きなイソギンチャクにクマノミ子供。

クマノミ

クマノミ

まだいるね。ヤクシマカクレエビ。

ヤクシマカクレエビ

ヤクシマカクレエビ

アワハダキモガニの夜。

アワハダキモガニ

アワハダキモガニ

そして夜明け。

アワハダキモガニ

アワハダキモガニ

ムロアジと思しき奴がビュンビュン泳いでいました。

ムロアジかな

ムロアジかな

ミノイソギンチャクはいつでも悩んじゃう。

どう撮ればきれいに魅力的に撮ってあげられるのだろうか?

悪魔の実ことミノイソギンチャク

悪魔の実ことミノイソギンチャク

ライトを当てて、いろいろ試行錯誤。

悪魔の実ことミノイソギンチャク

悪魔の実ことミノイソギンチャク

ライト1本だと限界があるが、1人でやっていると腕は2本しかないので、限界があるね。

悪魔の実ことミノイソギンチャク

悪魔の実ことミノイソギンチャク

普通に撮る、カンザシヤドカリ。

カンザシヤドカリ

カンザシヤドカリ

水中ライトだけで撮る、カンザシヤドカリ。

カンザシヤドカリ

カンザシヤドカリ

浅瀬も徘徊。なにかしらのヒットを求めるが、いないね~。

ゴテンカエルウオの大きいのがいました。

やっぱりシシマイギンポとゴテンカエルウオはだいたい生息環境が一緒だね。

ゴテンカエルウオ

ゴテンカエルウオ

モンツキカエルウオは1個体だけしか見つけられませんでした。

前はもっといたのにな~。

モンツキカエルウオ

モンツキカエルウオ

シシマイギンポもわりと広範囲に生きているんだな~ということはわかった。

シシマイギンポ

シシマイギンポ

シシマイギンポ

シシマイギンポ

で、結局、これだ!!!!!

と、いう当たりには恵まれぬまま、明日からお客様です。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 11/2018, ダイビングログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

マツカサウミウシ産卵中
1/1 ウミウシ合宿6日目、明けまして忘れ物でございます

2019年早々に寝坊した。そして忘れ物いっぱい。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さ …

モンハナシャコ
11/3 復活のサンゴ、いつまでもこのままで

リピーターさんが遊びにきてくれました。ありがたいことです。今日は万座のボート。今 …

ネアカミノウミウシ
2/21 ウミウシ捜索スタートアゲイン

先週も遊びに来ていただいたリピーターさんが今週も来てくれました。ウミウシを捜し求 …

アカマダラツガルウミウシ
3/22 アカマダラツガルとセンリョウ

ウミウシダイブスタートしましょう。那覇からレンタカーで合流するお客様もいて、近場 …

インディアンミノウミウシ
11/8  シシマイ+インディアン+ゴテン

リピーターの女性とマンツーマン。相談してマクロはピグミーシーホース狙い、ワイドは …

アオバラヨシノボリ
3/30 川の調査に行ってきました

今日は朝からリバートレッキングに行ってきました。で、午前中だけだったので、空いた …

ダルマハゼ
10/25 探し物ふらふら

あるものを探しながら、ふらふら潜ってきました。 沖縄本島恩納村でダイビング屋さん …

トモエミノウミウシ属の一種
1/6 なんでも見ますよ~

ウミウシダイブが昨日にて終了。今日からはお客様が入れ替わります。今日からのFさん …

オトヒメエビと一緒に
6/21 リバートレからぁの~ダイビング!!

今日は朝からリバートレッキング。みんなで出かけました。もうすっかりウエットスーツ …

モウサンウミウシ
12/8 レッドビーチ

12月に入った、今年は月末に帰省する。 ちなみに休むのは12/28-1/1です。 …