スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

3/26 ウミウシダイブ3日目ディヴェルシドーリス属

   

ウミウシダイブ3日目。今日も風は東からたまに北東。でも微風。よってどこでも潜れちゃうんじゃないかな? という絶好のダイビング日和となりました。ウミウシよ、出でよっ!!

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

1本目の最初に深いほうから攻めるのはセオリーだから……と決めつけてはいけない。お客様の意図していたコースを勝手に深いほうの割れ目だと思い込んで、深いほうに導いてしまった。

申し訳ない。

そんな深いほうの割れ目で見つけたウミウシたちからスタート。

今日のファーストタッチはシロシキブウミウシ。

なかなかのスタートだ。

シロシキブウミウシ

シロシキブウミウシ

自分がウミウシのお腹側から撮影しているなんて全然わからなかった。

おっ!! きれい~と思ったらルージュミノウミウシでした

おっ!! きれい~と思ったらルージュミノウミウシでした

でも、ミノの中身がとても美しくて、こりゃ~レアものじゃないかな?

と、思っていたのだが、お客様が反対側から撮影した写真をみせてもらったら……、

なんのことはない、ただのルージュミノウミウシでした。

おっ!! きれい~と思ったらルージュミノウミウシでした

おっ!! きれい~と思ったらルージュミノウミウシでした

ええええっ???

ルージュミノウミウシってこんなにミノの中がきれいなの?

知らなかった~。今までルージュミノウミウシなんて本当にいっぱい見てきたけれど、こんなにミノの中がきれいだなんて知らなかった。今度からちょっと見方、撮り方を変えてみよう。

イチゴミルクウミウシは大きかったので、暗がりでも確認しやすかったです。

このウミウシで20㎜ぐらい。

先に出ていたルージュミノウミウシは5㎜ぐらいでした。

イチゴミルクウミウシ

イチゴミルクウミウシ

シボリイロウミウシ

シボリイロウミウシ

シロタエイロウミウシ

シロタエイロウミウシ

お、渋いところも出てきたね~。

コトヒメウミウシ属の一種

コトヒメウミウシ属の一種

そして、ハレギミノウミウシに遭遇。

よしよし。

いい感じ~。

ハレギミノウミウシ

ハレギミノウミウシ

このへんになると浅場に戻ってきています。

トカラミドリガイでしょ。

トカラミドリガイ

トカラミドリガイ

ブチウミウシでしょ。

ウミウシ好きならば、彼らが浅瀬を好む種類だってわかるはず。

ブチウミウシ

ブチウミウシ

キャロットシードミノウミウシ

キャロットシードミノウミウシ

ウミコチョウがもっと出てほしい。

オレンジウミコチョウ

オレンジウミコチョウ

キリヒメウミウシかな?

キリヒメウミウシかな?

こーいう系ももっと出てほしい。

キンゴマイロウミウシか。

確かに、金のゴマみたいだね。

キンゴマイロウミウシ

キンゴマイロウミウシ

キリヒメウミウシ

キリヒメウミウシ

Elysia sp.

Elysia sp.

マイチョコウミウシ

マイチョコウミウシ

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

キリヒメウミウシかな

キリヒメウミウシかな

ネオンモウミウシ

ネオンモウミウシ

休憩中にひなたにコンデジを放置して休んでいたら、反復ダイビング時にハウジングが温度差で曇ってしまった。

ラベンダーウミウシ

ラベンダーウミウシ

まぁ~、気にしないで撮っちゃう。

ハナビラミノウミウシ

ハナビラミノウミウシ

ええええっ!!

なんだこれ?

ディヴェルシドーリス属の一種 2(サイト世界のウミウシより)

ディヴェルシドーリス属の一種 2(サイト世界のウミウシより)

初見のウミウシって嬉しいね。

ハウジングが曇っていることを後悔。

ディヴェルシドーリス属の一種 2(サイト世界のウミウシより)

ディヴェルシドーリス属の一種 2(サイト世界のウミウシより)

こちらはお客様の発見。トルンナ・プルプロペディス。

トルンナ・プルプロペディス

トルンナ・プルプロペディス

何気なく視界に飛び込んできた白いウミウシ。

現場では、よく見えないほどに小さかったのだが、戻ってきてPCで拡大してみると、実にモコモコしていた。

これがキュウバンウミウシだね。

キュウバンウミウシ

キュウバンウミウシ

合間に魚も逃げなかったら、撮っちゃう。

オヨギベニハゼでしょう

オヨギベニハゼでしょう

エビだって撮っちゃう。

サンゴモエビ

サンゴモエビ

沖に群れがっ!!

ツノダシ群れ

ツノダシ群れ

寄ってきた~。

ツノダシ群れ

ツノダシ群れ

ツノダシまみれ~。

ツノダシ群れ

ツノダシ群れ

この季節限定だ。

いとをかし。

今日もウミウシはそこそこって感じ。最高ではないけれど、そんなに悪くもない。平均点はクリア~って感じですかね。

明日も頑張ろう。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 03/2018, ダイビングログ , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

マルソデカラッパ
9/5 ホムラダマシygにマルソデカラッパ

9/5も4日に続いてお客様が多い。なので、真栄田岬周辺のボートダイブを選択。今日 …

真栄田岬、青の洞窟、やっぱり大渋滞
5/23 真栄田岬青の洞窟スノーケリング

今日はなにもない日……と思っていたら、とあるツテからスノーケリングのお仕事が入り …

ゴシキミノウミウシ
3/7 まだのんびりしていた2ダイブ

武漢コロナウィルス……と書くと、違和感を感じるほどに中国からの情報はまったくなく …

Eubranchus rubropunctatus Edmunds, 1969 ユーブランカス・ルブロプンクタートゥス
2/19 ぽかぽかゴリラチョップ

昨日よりも穏やかになった。海も風波はほとんどなく、うねりが少々残るのみ。 ……た …

ちびクマノミ
6/5 いろいろマクロ

日曜日、一昨日のログです。リクエストに従い、2ダイブ。 私はライト補助などで写真 …

生えもの~美しいもの発見
3/7 インスタ映えを考慮にいれて

えらい寒くなってしまった。いや、この日のことではない。これを書いている今日は3/ …

ボロカサゴ
5/13 リバー後の安否確認

台風6号は、あっ!という間に通過して、今日は朝から晴れていました。こんな日にリバ …

カエルアマダイちび
5/6 ホリミノspヤノルス、カエルアマダイin豪雨

ようやくうねりが小さくなってきて、いろんなポイントに行けるようになってきました。 …

真栄田岬、青の洞窟の奥風景
8/27 イノー観察スノーケリング+ファンダイブ

27日の午前中はイノー観察スノーケリングでお仕事させていただきました。 スピッツ …

ウミウシだよね……
1/4/2015 ニシヘヒガシヘ in vain

この日はよく移動した日でしたね。まずは西海岸で1本。穴の中のウミウシを潜索。 ニ …