スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

セルフ健康チェック

※必ず下記内容をご確認の上、お申込みくださいませ!
下記項目の内容に現在または過去を問わず該当する場合は、ご参加できない場合がございます。
また、その他で重病だった病歴や、下記以外の病歴がある方はご連絡ください。
場合により健康診断書又は医師の診断書のご提出が必要となります。

  • ぜんそく(1年以内に発作がある方)
  • 心臓疾患
  • 狭心症
  • 心臓発作
  • てんかん(現在・過去)
  • 自然気胸
  • 肺結核
  • 肺炎
  • 肺気腫
  • 糖尿病(インシュリン使用)
  • アルコール中毒
  • 薬物依存症
  • 不整脈・動悸
  • 高血圧
  • その他循環器系のトラブル
  • 鼻(副鼻腔)のトラブル
  • 中耳炎
  • 花粉症
  • 薬を含むアレルギー
  • 難聴
  • 乗り物酔い
  • 睡眠薬や薬品の常用
  • 閉所・高所恐怖症
  • 情緒不安定
  • 妊娠中
  • 現在伝染病に感染している
  • 満60歳以上

★未成年の方へ
未成年者は保護者の同意書が必要になります。
事前に申込書をメール又はFAXにてお送りいたしますので、必要事項をご記入の上ご持参ください。
(保護者と一緒に来店される方は当日の手続きで大丈夫です。)

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

公開日: