スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

スピッツのオープンウォーター講習

PADI オープンウォーターダイバーコース

PADI オープンウォーターダイバーコース

たくさんの人たちと一緒に行う講習には不安がつきものです。少人数でちゃんと教えてもらいましょう。

沖縄の海は年間を通して水温も高く、透明度も良く、たくさんの生物が見られます。ぜひダイビングの最初の一歩をスピッツと一緒に踏み出してください。

安全第一で楽しい講習を目指しております。

ライセンスカードを取得したら、それで終わってしまうダイバーが多いことをみなさんはご存知ですか? 時間に追われ、スキル習得にばかり時間を取られ、ダイビングの楽しさを十分に感じておられないからです。

スピッツの講習では、「いかに海を楽しむか」という目線を常に持って講習させていただきます。スキルを覚えるのが講習ですが、できるだけそこにとどまらず、もっと海を感じていただけらな・・・と細かく無理のないペースで心配りさせていただきます。

生物とのふれあいが楽しいです!!

生物とのふれあいが楽しいです!!

沖縄の海ではいつも魚を見ることができます。魚だけではなく、エビやカニ、ナマコやヒトデ、サンゴにウミウシなど。潜っているあなたの周囲には数え切れない水中生物が生活を送っています。海におじゃまし、そこに足を踏み入れるマナーまでをも講習したいといつも考えています。

陸上にない自然美がたくさん・・・

陸上にない自然美がたくさん・・・

初めて見る水中はたぶん・・・、ハンパなく美しいと感じられることでしょう。それらを我々ダイバーが壊すのではなく、守っていけるように。講習で指導される中性浮力はそのキーポイントとなるテクニックです。体で覚えていただけるよう、何度も何度もトライしていただきますが、それは自然保護につながるからです。

海の中まで楽しんでいるのはダイバーだけです

海の中まで楽しんでいるのはダイバーだけです

地球に生まれたのに、海を覗かないのは絶対損をしている・・・。ダイバーの多くはダイビングをしていない人たちにそんな思いを持っています。ライセンスカードを取得したあなたにもたくさんの感動できる水中を楽しんでもらいたい。PADIオープンウォーターダイバー講習とはその最初のステップなのです。

価格など内容はこちらから

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

公開日: