スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

7/4 今日も泥んこ

   

今日も元気にドロドロになりましょう。沖縄でもドロドロになれるんです。きれいな海も多いけれど、海はそれだけじゃないからね。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

まずはいつも敏感なハラマキハゼです。

ハラマキハゼ

ハラマキハゼ

浅瀬にいるヤツシハゼの仲間はちゃんと撮影しないと、腹びれの模様とか判別できないので、極力撮影するようにしているのだが、ガイドしながらでは無理があるので、たいして上手には撮れない。

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

お、オキナワハゼ属の一種じゃん。きれいだね~。

オキナワハゼ属の一種-3

オキナワハゼ属の一種-3

やっぱりヒレ全開も撮りたいけれど、正面顔を撮ってあげたいよね。

オキナワハゼ属の一種-3

オキナワハゼ属の一種-3

そして多分初対面のテグリに遭遇。

テグリの仲間

テグリの仲間

なにテグリだろうか?

テグリの仲間

テグリの仲間

FBに投稿して名前を聞いてみよう……と思いつつ、たいして上手に撮れなかったので、躊躇したまま今にいたります。しかし、「躊躇」って難しい感じだね。

テグリの仲間

テグリの仲間

よっしゃ~!! ホムラダマシきました~。しかもサイズも程よくて色もきれいなよい子ですこと。

ホムラダマシ

ホムラダマシ

ツムギハゼは現場では、「うむ?」となることが多くて、ついつい写真に撮っちゃうんだけれど、PCの画面で見ると、普通にツムギハゼなんだよね。現場では、あまりちゃんと見れてないってことになる。大きくて、あまり逃げないハゼなのに、なんでかね?

ツムギハゼ

ツムギハゼ

そして河口にも侵入。海らしいところに潜ってないね。こんなのでいいの? と心配するなかれ。お客様の趣向がこーいう環境なのだ。サンゴ礁より泥地を、藻場を、内湾を。きれいな沖縄よりマニアックな沖縄を。

下の写真は河口のきれいな場所の風景写真。

見る人が見れば、ひと目で河口だってことがわかる写真だ。どこからそんな河口臭が漂っているかはここでは言わないので、また潜りにきてね~。あ、でも夏場は連れていけないことが多いので、秋がいいんじゃない。今ぐらいかな。

でも今は台風連発で無理ですけれどね~。

河口風景

河口風景

サツキハゼだと思う。

サツキハゼでしょうか?

サツキハゼでしょうか?

ちがうかな?

サツキハゼでしょうか?

サツキハゼでしょうか?

ここでも外せない、ヤツシハゼたちの観察、紹介、撮影。

ヤツシハゼ

ヤツシハゼ

ヤツシハゼ

ヤツシハゼ

なんだろうね、このハゼ。もっとちゃんと撮らないとわからないよ。

ハゼの仲間

ハゼの仲間

クロコハゼの仲間。それぐらいしかわからない。わからないのはクロコハゼ自体がまだまだ分類が進んでいないし、ちゃんとわかる図鑑も分権も手元にないからね。

クロコハゼの仲間

クロコハゼの仲間

ミナミサルハゼだと思うんだけれど、どうだろうか?

ミナミサルハゼ

ミナミサルハゼ

ちょっとでも、「うん?!」と感じた魚は撮影しておかないと河口では後悔してしまう。なんせ、まだまだ未開拓なエリアだからね。沖縄本島初記録種がたくさん隠れていると思うですよ。

ニセツムギハゼ

ニセツムギハゼ

ニセツムギハゼ

ニセツムギハゼ

エソがなにかを食べたシーンだったと記憶しているが、写真を見ても、よく思い出せない。今は10/27だし、これは7/3のことだ。おおよそ4か月も前のダイビングの1シーンを克明に記憶できるほど私の記憶力は元気ではない。

捕食シーンだったと思う

捕食シーンだったと思う

この背中の細かい黒点……。ふむふむ。カマヒレマツゲハゼだろうね。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

このあたりはミナミサルハゼとカマヒレマツゲハゼが混住していたようです。

ミナミサルハゼ

ミナミサルハゼ

ミナミサルハゼ

ミナミサルハゼ

ミナミサルハゼ

ミナミサルハゼ

こちらも泥地には多い、ホホベニサラサハゼ。この仲間も他の奴らを見てみたいな~。出会ったことない……と思っているだけで、たぶん、見すごしているはず。

ホホベニサラサハゼ

ホホベニサラサハゼ

クロホシが黒線と重なっているので、ちょっとややこしいけれど、クロホシフエダイ子供でいいはず。

クロホシフエダイ

クロホシフエダイ

オキフエダイ子供だね。

オキフエダイ

オキフエダイ

タカノハハゼは今日もきれいでした。

タカノハハゼ

タカノハハゼ

明日はどこに行こう? また泥地?

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 07/2017, ダイビングログ , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

ヨダレカケしてますね~
6/8 お誘いに乗るも……、

今日はご近所のKさんに誘っていただき、とあるネタを求めてダイビング。 沖縄本島恩 …

ツマジロオコゼ
10/22 ツマジロオコゼとアカントフェックス・レウリニス

今年沖縄に越してこられたご夫婦がリピーターさんとなって戻ってきていただけました。 …

ニセアカホシカクレエビ、自然光、水中ライト撮影
7/3 シンイボテガニ

ひいきにしていただいている地元のお客様とダイビング。なんでも楽しんでいただけるお …

オリヅルエビ
2/26 泥場で迷子

午後から用事があったのだが、仲良しショップのTさんに誘われて、ちょこっと潜ってき …

カマヒレマツゲハゼ
9/3 河口泥ドロ3ダイブ

9/2に潜った河口が最高に楽しかったので、お客様と相談の上リトライ。今日は昨日見 …

Halgerda johnsonorum Carlson & Hoff, 2000
6/13 Halgerda johnsonorum Carlson & Hoff, 2000

今日からダイバーさんが増えました。ポイントをどこにしようかいろいろ悩んだ結果、ボ …

サンゴいっぱい!!
7/18 ボート3ダイブ

7/17で止まっていたスピッツのダイブログ。今年の夏はホントダイビングのお客さん …

レンゲウミウシ、雪夜の散策、お友達に遭遇
2/12 久しぶりの晴れ間

2月の連休がここまで寒くなるなんてまったく予想していなかった。今年はずっと暖冬で …

ウデフリツノザヤウミウシ
1/15 東海岸にもピカチューウミウシが・・・、しかも群れ?

先日は友人ショップのお手伝いに急遽抜擢されて、東海岸の金武湾からボートで潜ってガ …

アオモウミウシ
3/24 春休みウミウシ合宿初日

年末年始のウミウシ合宿が終わり、季節はもう春休み。春のウミウシ合宿が始まりました …