スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

6/4 ベニハゼ観察

   

先週は全然潜らなかったな~。梅雨でダイビングもリバートレッキングも一休みって感じでした。沖縄県のダム貯水率は60%。今日は晴れているけれど、暇なときにかためてドカ雨が降って、そろそろ梅雨が明けてほしいな~。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

先週も一緒に潜っていたリピーターさんといろいろあって結果的に今日もマンツーになってしまった。でも、今日はボートダイビングなのだ。

ピグミーシーホースは大きいのがいました。写真はお客様にまかせて、私はその周辺をうろうろ散策。トラフケボリガイ、久しぶりに見たな。

トラフケボリガイ

トラフケボリガイ

お客様はあんまりウミウシには興味ない派。ウミウシよりはベニハゼラブな人なので、ウミウシは特に探していないのだが、目に入ってきた奴はとりあえず撮っておいた。

フジムスメウミウシ

フジムスメウミウシ

セダカギンポは卵を守っていました。

セダカギンポ

セダカギンポ

かわいいサイズのルリホシスズメダイyg。

ルリホシスズメダイyg

ルリホシスズメダイyg

クロヘリアメフラシはとある筋からのリクエストで探していたので好都合でした。

クロヘリアメフラシ

クロヘリアメフラシ

シボリイロウミウシは目立っていました。

シボリイロウミウシ

シボリイロウミウシ

メレンゲウミウシは大きかったし、

メレンゲウミウシ

メレンゲウミウシ

テンテンウミウシはかわいくてほっとけなかった。

テンテンウミウシ

テンテンウミウシ

ついつい撮っちゃう。たくさんいるアデヤカさん。

アデヤカゼブラヤドカリ

アデヤカゼブラヤドカリ

ペガススベニハゼはムナビレ基底部の白点が目印です。

ペガススベニハゼ

ペガススベニハゼ

こちらが普通のオキナワベニハゼ。たくさんいます。

オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

万座エリアではそんなに多くなかったアオベニハゼ。真栄田方面の方が断然多いと思った。正面からではなく、横から撮影したいというリクエストだったので、横から撮影できる個体を紹介。

でも、ちょっと斜めだね……。なかなか真横の写真が撮りにくいね。

アオベニハゼ

アオベニハゼ

シマイソハゼかスジシマイソハゼか?

スジシマイソハゼ

スジシマイソハゼ

悩んだけれど、両方ともスジシマイソハゼなんじゃなかろうか? と落ち着いた。

スジシマイソハゼ

スジシマイソハゼ

昨日から長女が眼鏡っ子になったので、記念してメガネゴンベの写真も撮っておいた。

メガネゴンベyg

メガネゴンベyg

お~。かわいい奴、いるな~。

ベンケイハゼかな?

と、撮影するも、穴が奥まった場所にあるためか、ハゼが黒くなってしまっている。

光が当たっていないのかな?

ミサキスジハゼ

ミサキスジハゼ

なので、ストロボをオフにして、水中ライトだけで撮影。ムナビレ大きくてかわいいな~。

ミサキスジハゼ

ミサキスジハゼ

あくびしてる。背びれの形、周辺が白くなるところとか……。あと、頭にしかシマシマがなくて、体にシマシマがないところとか。

ベンケイハゼじゃなくて、ミサキスジハゼなんじゃないかな。

ミサキスジハゼ

ミサキスジハゼ

お客様が見つけたワモンダコ。すげ~防御態勢だ。

きっとこれは卵を守っているはず~と、思っていたら……、

ワモンダコ、ガード態勢

ワモンダコ、ガード態勢

穴の上には卵がつららのようにぶら下がっていました。

まさに鈴なり。

ワモンダコ、卵がたわわにぶら下がっています

ワモンダコ、卵がたわわにぶら下がっています

卵を守るタコの視線もからめて撮影。

ワモンダコ、卵と共に

ワモンダコ、卵と共に

浅瀬のサンゴの隙間にいた奴ら。

イレズミコバンハゼだと思っていた奴ら、ピンボケだけれど、顔の模様はなんとかわかるので載せちゃう。

すると、イレズミコバンハゼではなく、コバンハゼ属の一種ですね。

目の間に3本戦が確認できます。

コバンハゼ属の一種

コバンハゼ属の一種

かわいいミヤケテグリだこと。

ミヤケテグリyg

ミヤケテグリyg

当然、シシマイギンポにもご挨拶なり。

穏やかな海だな~と思っていても、やはりここの水域は揺れ揺れ。

シシマイギンポを穏やかに観察できる海って、ホント年に数回だな。

シシマイギンポ

シシマイギンポ

揺すられながらも毎回見にいきたい衝動に駆られる。そんな魅力的ギンポです。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。
spitzseko

最新記事 by spitzseko (全て見る)

 - ダイビングログ, 06/2017 , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

ピカチューウミウシが2個体
8/1 ピカチューからウミガメまで

シルバーウィークも終わった9/25。今頃、8/1のログを書いているダイビングショ …

アカククリyg
7/29 ウミウシ+マクロに夏風景少々

今日はマンツーマンでのんびり、じっくり、ねっとり。こんな風景もあって、実に夏らし …

インディアンミノウミウシ
11/8  シシマイ+インディアン+ゴテン

リピーターの女性とマンツーマン。相談してマクロはピグミーシーホース狙い、ワイドは …

オショロミノウミウシsp
1/3 ウミウシ合宿11日目、キタキタッ!! ミノ系爆発!!

大晦日のレッドビーチでの手ごたえ感も消失してしまいそう……。元旦、2日とあまりウ …

フジタウミウシsp
3/30 ウミウシダイブ7日目は最終日

潜り始めるとあっという間に最終日になっちゃうのがウミウシダイブ。 沖縄本島恩納村 …

ヤノルス・サヴィンキンイ
10/9 ミジュン球とヤノルス・サヴィンキンイ

う~ん、905hpaが残していったうねりがなかなか消えません。今日も潮の干満を読 …

シロタスキウミウシ
4/8 ウミコチョウな土曜日はシロタスキ

昨日からの4名様に引き続き潜っていただける本日はボートダイビングを選択。お客様の …

クロフチウミコチョウ
4/21 午後から2ダイブ

先週末のログを月曜日に更新できず、週の半ばに更新している。このまま夏が来ると、や …

ゴテンカエルウオ
9/1 二匹目のシシマイとゴテンカエルウオ

9月最初のダイビングは久しぶりに潜る、とある内湾からスタート。エントリーした瞬間 …

ハマクマノミyg
5/5 南下します

今日はGWに滞在されていたお客様の最終日。潜った後は那覇のホテルに滞在されるので …