スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/28 トサカハゼリクエスト

   

昨日までのウミウシラブなリピーターさんからがらりと変わり、川や河口の好きな名護在住のリピーターさん。が、あいにくの雨。川は雨降りにダイレクトな影響を受けますからね。どうすべきか?

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

考えて、リクエストのひとつでもあったトサカハゼを狙いに行ってきました。一応広い意味では河口だし。このポイントは。

オイランハゼはたくさんいました。全然求愛ダンスはしてくれなかったけれど、きれいな体色だけ見ていても、やっぱり「きれいだな~」って見惚れちゃう。

オイランハゼ

オイランハゼ

特筆すべきはハゴロモハゼの数。大きいのから産まれたてだと思われる極小の個体まで、実にいっぱいいました。

ハゴロモハゼ赤ちゃん

ハゴロモハゼ赤ちゃん

大人の個体はあんまりヒレを広げないやる気のない個体でした。

ハゴロモハゼ

ハゴロモハゼ

お客様がハゼに刺さっている間に見つけたエビさん。

Lysmata multiscissa

Lysmata multiscissa

小さすぎたけれど、たぶんサザナミフグの赤ちゃんでしょう。

サザナミフグ赤ちゃん

サザナミフグ赤ちゃん

おっ!! 久しぶりの出会いだ。

ホムラダマシ、お客様かぶりつき!!

ホムラダマシ、お客様かぶりつき!!

完全なる大人のタイプ。ホムラダマシのメス個体です。よしよし。

ホムラダマシ、メス

ホムラダマシ、メス

ブリーフィングでお伝えしていたピンコハゼたち。たくさん見られました。全部同じ種類なのか、ちょっとした疑問もあり、いろいろ撮ってみました。

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

ピンコハゼことハゼ科の一種-12

うん。多少の色の濃淡はあれど、みんな同じですかね。うんうん。

で、カスリハゼがいたら、その周囲をじっくり見てみましょう。こちらはカスリハゼ。大きくてあまり逃げないので、目印にはもってこい。

カスリハゼ

カスリハゼ

カスリハゼよりも幾分細長いシルエット。素早い動作。見ようとすると隠れてしまう、やるせなさ。

そんなのがいたら、それはトサカハゼです。全身を写せてました。

トサカハゼ

トサカハゼ

トサカハゼの名前を現す、トサカはけっこう開いています。

でも、かなり臆病なので、じっくり1ダイブささげるつもりで潜ってくださいね。

トサカハゼ

トサカハゼ

ヤツシハゼ。

普通のヤツシハゼ。

どこにでもいる。

でも、でも……。

この時期の体色は、派手だね~。

ヤツシハゼ、メス

ヤツシハゼ、メス

上下は同じ魚の右側面と左側面なのだが、模様がきれいに対称になっているようで、あたりまえっていえば、当たり前なんだろうけれど、自然ってすごいな~とそんなことにも感動。

ヤツシハゼ、メス

ヤツシハゼ、メス

ヤツシハゼのオスは腹びれにきれいなオレンジと黄色が出てきます。下の写真。メスは青い点々模様が出てきます。上の写真。

ヤツシハゼ、オス

ヤツシハゼ、オス

ヤツシハゼ、オス

コモンヤツシハゼがいました。で、他の種類が混ざって生息していないか、お客様とヤツシハゼの仲間たちをいろいろ撮影。

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

でも、みんなコモンヤツシハゼみたいですね~。

やれやれ。

トウアカクマノミもいました。

トウアカクマノミ赤ちゃん

トウアカクマノミ赤ちゃん

オオモンハゼを見分けるのが不得手なので撮ってみた。

カタボシオオモンハゼ

カタボシオオモンハゼ

よくわからない稚魚も一匹で泳いでいました。

そして大きなオオウミウマ。

オオウミウマ

オオウミウマ

小さいのもいました。かわいい~。

オオウミウマ赤ちゃん

オオウミウマ赤ちゃん

久しぶりにハゼを見たな。だいぶ水温が上がってきたので、逃げなくなってきましたよ。

これからはウミウシだけじゃなくて、魚も楽しくなりますね。

夏だな~。ちなみに今日は恩納村の前兼久ハーリーでした。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - ダイビングログ, 05/2017 , , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

特大ハナミノカサゴと一緒に
3/22 ボートに迷いつつ2ダイブ

昨日まではなんとか穏やかに保たれていた恩納村近郊の海が・・・、昨夕からの北風でバ …

ツルガチゴミノウミウシ
4/1 ウミウシ合宿パート2

昨日まではぺたぺたの海だった恩納村ですが、昨晩の雨から風が変わり、西をまわって北 …

フタスジハゼ
11/23 恩納村でじっくり3ダイブ

昨日も潜っていただいた地元のリピーターさん。2日連続でありがとうございます。今日 …

トラパニアsp
トラパニアspとカベイロ・ファスミダの追記情報

2015年のお正月に見つかった、この白いウミウシ。当初はトラパニア・アルミッラか …

ヒトデヤドリエビ
12/19 頂き物ドライスーツチェック

お客様の友人ダイバーさんがもう潜らなくなったので、器材の処分に困っている……とい …

水納島のサンゴと一緒に
10/26.27 のんびりボートダイブ

毎年遊びに来てくれるリピーターさんがお仕事仲間を連れて再訪してくれました。ありが …

モウサンウミウシ
1/31 祭りは何処へ?

他のショップさんのログなどを見ていると、レッドビーチのトラパニア祭がいつのまにか …

ニシキフウライウオ
12/12 アイドルにまみれて……

今日から三日間。久しぶりのリピーターさんが遊びに来られました。ポイントに向かう途 …

サンゴの産卵、バンドル(卵)がサンゴの表面に浮き上がってきました
6/3 サンゴ産卵ナイトダイブ

フェイスブックにサンゴの産卵がありましたよ~と書いたら、予想以上に反応があったの …

オオアリモウミウシ属の1種2
9/29 ネタ調査的ファンダイブ

来月だと思っていたら今月だった!! びっくり!! そんな感じで以前モルディブで一 …