スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2016年スピッツ的生物ランキング第4位 教えられた生物たち

   

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世古の独断と偏見がすべてのランキングです。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

2016年の第4位は「教えられた生物たち」です。

誰に教えられたか? セルフダイバーのTさんだ。この人は本当に魚が好きなんだな~と実感せずにはいられない。2/19に見つけたこのハゼ、私はよく調べないで、いつも見ているセボシウミタケハゼだろう……とスルーしていたのだが、Tさんのサイトを見ていたら、スケロクウミタケハゼとして更新されている写真がこいつっぽい。

あれれ。

スケロク君だったのか、君は!! という驚きもあり、見逃していたことの恥ずかしもあり。

なんとも、やれやれ……って感じだ。

その後、夏にたまたまポイントのエントリー直前に出会い、呼び止められて教えてもらったハゼは私も密かに探し続けていたアカヒレハダカハゼだった。

えええぇぇぇっ!!!

そんなところに? ってことも驚いたけれど、やっぱり見つけるその眼力に感心。ハゼ好きだという奥さまの眼力も素晴らしいのだろう。その場にはご夫婦でおられたので。二人に感謝。

このランキングに入れる生物は、できるだけ自分で見つけた生物にしようと思って始めた企画です。今まではできるだけ自分で見つけた生物でトップ10を形成しようとしていました。

だけれど、子供が生まれ、子育てに奔走、そしてリバートレッキングをやり始め、ダイビングにかける時間が取れなくなってきた昨今。素直に友人・知人の眼力に頼らせていただこう……、ありがとうございますっ!! と思えるようになりました。

自分も教えるし、人からも教えてもらうし。

そうやって、日々更新されていく海のナマの情報についていかないと、なかなか追いつけなくなってきました。30代の自由な時間はもはや戻ってこないのだ。

潜れる時間を大切に、一本一本しっかりと潜らないとね。

次の魚はトサカハゼ。これもだいたいの場所をTさんに教えてもらってから出かけました。見つけた時のエピソードなどはその時のログを見ていただくとして省略。写真下の説明文をクリックしてもらえると、その時のログに飛べるようにしてあります。

こちらのホクロハゼ、スナハゼは直接その場所を教えてもらったわけではないが、楽しいエリアの情報を教えてもらった。

スナハゼは瀬能先生によると、「 トンガスナハゼもしくはリュウキュウナミノコハゼのいずれかです。現状ではスナハゼ属の1種としておくしかないと思います」とのことです。

と、こんな感じでTさんの情報を元に出会えた生物が多かった1年でした。本当に感謝。

自分からももっと発信していけるように努力して、ギブ&テイクの関係がベストだと思うので、私、個人でも頑張らないとね。

第5位第3位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2016年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ホリミノウミウシ属の一種
2014年スピッツ的生物ランキング第10位 ウミウシたち

2014年もいろんなウミウシに出会えました。名前のあるヤツからまだ和名はおろか学 …

タマミルウミウシ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第8位 タマミルウミウシ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2009/8/13撮影 ヒメオニオコゼyg
2009年スピッツ的生物ランキング第3位 ヒメオニオコゼyg

いやー・・・。なんだ、これ? っていう初対面の印象だった。 最初は止まっていたん …

2013/2/3撮影 Paralatreutes bicornis パララトレウテス・ビコルニス
2013年スピッツ的生物ランキング第10位 名もなき甲殻類

まず第10位は名もなき甲殻類たち。 このエビは寒い2月に東海岸の宜野座という村か …

ハワイマトイシモチ
2016年スピッツ的生物ランキング第5位 ハワイマトイシモチ

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2008年5月4日撮影 Hypselodoris iacula
2008年スピッツ的生物ランキング第3位 ウミウシたち

今年もいろんなウミウシが見れました。稀種から普通種、小さいのから大きいの。派手な …

コビトスズメダイ
2015年スピッツ的生物ランキング第3位 コビトスズメダイ

探し始めてから、15年ほど? もっとかな。ヒメスズメダイを見るたびに、その周囲の …

フジタウミウシsp
2006年スピッツ的ウミウシランキング第7位 フジタウミウシsp

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

エリアカコショウダイ
2017年スピッツランキング第9位 初耳な魚

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2012/7/1撮影 リュウキュウアユ
2012年スピッツ的生物ランキング第3位 リュウキュウアユ

おや。海じゃないのが続きますね。こーいうのは経営方針的にダメなのかもしれない。だ …