スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2016年スピッツ的生物ランキング第5位 ハワイマトイシモチ

   

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世古の独断と偏見がすべてのランキングです。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

2016年の第5位は「ハワイマトイシモチ」です。

スピッツを開業したのは1999年1月だから、約19年間も沖縄でダイビングしているのか~。長いな。どう考えたってベテランだな、こりゃ。現存しているログは2000年4月からのものです。HPをリニュアルした際に過去ログは見れなくなってしまったのだが、この機につなげるだけしてみようと思いました。こちらから飛べます。

記録に残っている最初のレッドビーチでのダイビングは2000/9/16でした。今から17年前だ。そんなころから徐々に内湾、ドロドロ系のダイビングを少しずつ積み上げてきたんだな~としみじみするのは重ねた齢のせいなのか?

ふむ。

まぁ、それは、それで、良しとす。

そんな内湾、ドロドロ系ダイビングでたくさん出会ったタイワンマトイシモチ。これは本当に普通種のイシモチでとてもたくさんいます。もう、本当に、ほ・ん・と・う・にたくさんのタイワンマトイシモチに出会いました。

ここにタイワンマトイシモチの写真を張り付けたくて過去のログを探したのだけれど、タイワンマトイシモチって普通すぎてあんまり撮っていないみたい。探しきれませんでした。残念。

2016年の5/6に出会ったこのイシモチは見た瞬間に、絶対タイワンマトイシモチじゃない!! っていう確信がありました。こんなの見たことないぞっ!! ってビビッ!! と来ました。そういう出会いは多くないので、鮮明に覚えています。

ハワイマトイシモチ

ハワイマトイシモチ

見つけた瞬間は上の写真のように少し白っぽい体色でした。撮影しいると、徐々に体の点々が濃くなってきました。

ハワイマトイシモチ

ハワイマトイシモチ

体全体の色も黒っぽくなってきました。

ハワイマトイシモチ

ハワイマトイシモチ

で、こんな魚。

ハワイマトイシモチ

ハワイマトイシモチ

手持ちの図鑑では名前がわからないので、またもやFBの「44の海の談話室」に投稿しました。マダラテンジクダイか? タイワンマトイシモチか? ハワイマトイシモチか? などけっこう賑やかに博識ある方々に談義していただいて、瀬能先生にもお伺いのメールを出して、お返事をいただきました。

「画像、拝見しました。とりあえずハワイマトイシモチです。データベース中にも同じタイプの幼魚が若干登録されていました。親につながるか微妙ですが、消去法でやってもハワイが残ります」とのことです。

うんうん。

やっぱタイワンマトイシモチじゃなかった。直感が当たるのはうれしいことです。

第6位第4位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2016年度ランキング, スピッツ的生物ランキング

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2009/7/8撮影 スダレカワハギyg
2009年スピッツ的生物ランキング第7位 スダレカワハギyg

これを書く今の今までタテジマカワハギのygだと思っていた。今秋に出演したCSの「 …

2011/12/29撮影 写真提供お客さまOさん ホウライザメ
2011年スピッツ的生物ランキング第3位 ホウライザメ

もうすでにランキングもほぼ決まりかけていた年末に出会ってしまった・・・。こんな大 …

2013/9/23撮影 ロウニンアジ
2013年スピッツ的生物ランキング第6位 ロウニンアジ

今年はここでスピッツらしくない大物、ロウニンアジがランクイン!! 恩納村のボート …

2011/8/15撮影 ナミダフグ
2011年スピッツ的生物ランキング第4位 ナミダフグ

おっ! 初見のフグだ。すぐにそう思った第一印象。1万本近く潜っていて、すぐにそう …

2013/8/15撮影 phyllodesmium keohleri
2013年スピッツ的生物ランキング第7位 ウミウシいろいろ

ウミウシも変な奴に出会いました。 一見、ソフトコーラルの切れ端にしか思えなかった …

2013/6/21撮影 ナギナタハゼ
2013年スピッツ的生物ランキング第1位 ナギナタハゼ

2013年の1位は早々に決まっていました。なんせ・・・、2000年に消息を絶って …

2009/12/20撮影 フラッシュな自然光 コンテリボウズハゼ オス
2009年スピッツ的生物ランキング第2位 川のハゼたち

2009年は川の魚をいろいろ見られた一年でした。冬にはじめたやんばるの山と川の散 …

オリヅルエビ
2016年スピッツ的生物ランキング第8位 オリヅルエビ

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

レンゲウミウシ、豪雪中の帰路
2017年スピッツランキング第6位 水中ライト遊び

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2012/11/4撮影 Bulbonaricus davaoensis
2012年スピッツ的生物ランキング第8位 Bulbonaricus davaoensis

ずっと探していたけれど、なかなか当たらない。ホストのサンゴはけっこうどのポイント …