スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2016年スピッツ的生物ランキング第6位 甲殻類いろいろ

      2017/02/06

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世古の独断と偏見がすべてのランキングです。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

2016年の第6位は「甲殻類」です。甲殻類って名前のわからないのがホント多いです。初見となる生物もまだまだ出てくる。どれかひとつをランクインさせることでも良かったのだけれど、単独でランクインさせるほどの興奮もなかったので、名前がすでについているのも、ついていないのも、まとめさせていただきました。

まず、こちらはナシジイソギンチャクに住んでいたシンイボテガニです。アヤトリカクレエビを探そうかと思ったら、シンイボテガニに遭遇。スピッツはあんまり深いほうに降りないので、ナシジイソギンチャクに触れる機会もそんなにないので、出会うのも初めてでした。

次は、名前のわからないカニさん。けっこう特徴的な外見なので、すぐに名前がわかると思ったのですが、さにあらず。FBで投稿してお伺いしましたら、教えていただきました。ベニツケガニ属の一種。内湾のサボテングサに住んでいました。

2016/12/8に出会ったのが、こちら。シャコの穴に住んでいたエビ。これもFBに投稿して問い合わせたのですが、

トラフシャコの巣穴にエビが……

トラフシャコの巣穴にエビが……

Athanas ahyongi という学名のエビではないでしょうか? と教えていただきました。標本がないと正確なことはわからないと思うのですが、少しでも手掛かりになる情報をいただけるのはとてもありがたい限りです。

こちらの朝日新聞の記事に載っています。

2016/7/4にも出会っていました。

なんでミナミホタテウミヘビの巣穴だとわかったかというと、この穴でミナミホタテウミヘビを観察していたからです。見てたら、隠れちゃった。出てこないかな~と覗きこんだら、あ、エビが……というわけです。

そして……、

ナンヨウキサンゴは水中で見ると黒っぽく見えて、これがサンゴだと思わないダイバーも多いかもしれない。モルディブなどではとてもたくさん見られます。沖縄でも多い。ポントニデス・マルディブエンシスという学名のエビを探していたら、このカニに出会いました。

 

次にこちらはガレの下から出てきたヒメオキナガニ。変わった模様のカニなので、図鑑を見たらすぐに名前がわかるだろうと思っていたら、図鑑には載っていなかった。そしてやはり……、FBに投稿し教えていただいた。

ヒメオキナガニか、よし。覚えたぞ。

こちらは砂地にポツンとあったチャツボボヤに寄り添っていたエビ。こちらもFBに投稿したのですが、名前がわかりませんでした。サイズは1センチ弱。小さかったです。

こちらもガレの下から出てきたカニさん。FBで教えていただいた名前は、ヒメツバサコブシ属の一種。実に変わった姿のカニだ。とても格好良い。

こちらは反対にかわいいカニさん。色の塩梅と言い、キュートです。

いつでも、なんだって、わからないのはFBの「44の海の談話室」に聞いちゃってます。カメキウスヘリコブシ。こんなの全然知りませんでした。

ここからは調べもしないで放置していた甲殻類。

2016/3/6のログに載ってはいるけれど、そのまま放置。すんません。

2016/3/18

2016/3/28

 

カニさん……

カニさん……

2016/5/7

キンセンガニ、もしくはその仲間

キンセンガニ、もしくはその仲間

キンセンガニ、もしくはその仲間

キンセンガニ、もしくはその仲間

2016/5/13

オオギガニの仲間ですかね?

オオギガニの仲間ですかね?

オオギガニの仲間ですかね?

オオギガニの仲間ですかね?

2016/6/10

エビさん……

エビさん……

2016/7/4

サンカクヒシガニの若い個体

サンカクヒシガニの若い個体

サンカクヒシガニの若い個体

サンカクヒシガニの若い個体

と、名前のわからない甲殻類の写真をだらだらと並べてしまいまして、とりとめがないのですが、最後は年末に出てくれた珍しいツキホシカクレエビです。

ツキホシカクレエビ

ツキホシカクレエビ

初見のエビでした。嬉しい限りです。

いろいろな甲殻類に出会えた2016年でした。

2017年もきっと名前のわからない生物に出会えると思います。また来年もこの場でまとめて紹介したいですね。

がんばりましょう。

第7位第5位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 2016年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

Plocamopherus margaritae Vall&s & Cosliner,, 2006 プロカモフェルス・マルガリータエ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第1位 プロカモフェルス・マルガリータエ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2009/9/23撮影 クジャクスズメダイ
2009年スピッツ的生物ランキングアウト

惜しくもトップ10に選ばれなかったけれど、選定の場までは選ばれていた生物たちをち …

2009/6/25撮影 ニシキテグリyg
2009年スピッツ的生物ランキング第9位 ニシキテグリyg

ええ? これが? そーいう声が聞こえてくるのは十分にわかる。 だって私も本当にそ …

2011/8/15撮影 ナミダフグ
2011年スピッツ的生物ランキング第4位 ナミダフグ

おっ! 初見のフグだ。すぐにそう思った第一印象。1万本近く潜っていて、すぐにそう …

ホムラハゼ 8/11/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第3位 ホムラハゼ

ホムラハゼには年に何度か出会います。が、だいたいは一瞬でガレ場の下に潜り込まれる …

ヨソギの仲間
2016年スピッツ的生物ランキング第10位 ヨソギの仲間

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2013/8/15撮影 phyllodesmium keohleri
2013年スピッツ的生物ランキング第7位 ウミウシいろいろ

ウミウシも変な奴に出会いました。 一見、ソフトコーラルの切れ端にしか思えなかった …

カマヒレマツゲハゼ
2015年スピッツ的生物ランキング第4位 河口域の生物

2015年に新しく入った河口域は新鮮な驚きだった。今までの河口域でのダイビングと …

ヒメウツボ
2006年スピッツ的生物ランキング第10位 ヒメウツボ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2012/12/9撮影 アゴヒゲハゼ
2012年スピッツ的生物ランキング第4位 汽水のハゼたち

2012年の4位は汽水に住むハゼたちです。 今まで何度も通っていたポイントなので …