スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

10/29 ロクセンヤッコygからのミミックオクトパス

   

今日のお客様は川のハゼもリクエストされていたのだが、事前の調査で今年の川はパワー不足と思ったので、海でのダイビングを選択。ハゼだけでなく、いろいろな趣向をお持ちなので、ドライブしながら、見つけたもののお話をしていくと、ヤッコの話に。この時点ではロクセンヤッコygもしくはアデヤッコygかどっちかわからない状態でしたので、そいつを紹介。

もちろんほかの生物も紹介。私はこの日は1枚も写真を撮らなかったので、過去の写真から転用。泥地ではダスキースリーパーゴビー。複数個体いて、ちゃんと撮れたはず。

サルハゼ属の一種、ダスキースリーパーゴビー

サルハゼ属の一種、ダスキースリーパーゴビー

イトカケホオカギハゼも紹介。ここには多いからね。

イトカケホオカギハゼ

イトカケホオカギハゼ

ナガセハゼもあまり逃げないやつがいました。

ナガセハゼ

ナガセハゼ

そして、なんの苦労もなく、ひょこっと視界に入ってきたホムラダマシygことハゼ科の一種-14yg。この写真の個体よりもさらに小さなサイズで、あごひげがちゅるりんとあったそうです。子供はけっこう出会っているので、立派な大人に出会いたいと聞いていたのですが、やっぱりそんなに数の多い魚ではないので、いたら紹介。けっこう撮影していただけて、私もうれしかった。

ホムラダマシygことハゼ科の一種-14yg

ホムラダマシygことハゼ科の一種-14yg

クロオビハゼの黄色個体なんかも紹介しつつ、

クロオビハゼ黄化個体

クロオビハゼ黄化個体

メインディッシュのヤッコ子供。みんなで岩をぐるぐるまわりながら捜索。

結果、2個体いるみたいね……という結論に達しました。

後日、お客様のご自宅にある海外の図鑑の写真を送ってもらって、見ると。

ふむふむ。やっぱ写真の個体はロクセンヤッコ子供ですね。

アデヤッコの子供とは尾びれ基部のラインの入り方が異なっていました。アデヤッコはもっと細くて密に入っているイメージですね。だいたいアデヤッコの大人も沖縄では見たことがないもんな~。ケラマにはアデヤッコがいるとの情報もFBを通して教えていただきました。FBって本当に便利です。アデヤッコの大人と子供もいつか見てみたい。

ロクセンヤッコ子供

ロクセンヤッコ子供

次なるターゲットは最近の私のログからシラスキバハゼに定めて、狙ってみたのだが、もうその巣穴がなくなっていたのか、私が見つけられなかったのか……。結論から言うと、探しきれませんでした。残念。

で、他に探し出せたもので、ダイビングを構築。

アカントフェックス・レウリニス

アカントフェックス・レウリニス

ミミックオクトパスもいました。

ミミックオクトパス

ミミックオクトパス

テングギンポハゼもじっくり。

テングギンポハゼ

テングギンポハゼ

甲殻類からはウロカディラ・ウロカディラです。

ウロカディラ・ウロカディラ

ウロカディラ・ウロカディラ

今日は2本にて終了。シラスキバハゼ、いなくなるの、いや、わからなくなっちゃった~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 10/2016, ダイビングログ , , , ,

コメントを残す

  関連記事

ツキホシカクレエビ
11/14 トラフザメ子供に会いたい、タナボタツキホシカクレエビ

いろんなショップのログやいろんな人のFBの投稿記事に出てきているトラフザメの子供 …

カノコウロコウミウシ
4/2 ウミウシ合宿パート2最終日

昨日のリピーターさんたち、今日までの二日間をウミウシダイビングに使ってくれました …

ヒトミハゼ
10/30 スジハゼたちの難しさよ

この日は相談の結果、河口域ダイビング。タンクは使うけれど、最大水深は1.5Mぐら …

サフランイロウミウシ
6/23 ウミウシダイブなのだが、ウミウシ出ないね……

ウミウシ大好きOさんが遊びに来たので、ウミウシを探すダイビングをやってきました。 …

トラパニアsp
1/1 ウミウシダイブでおめでとうございます

9月のログを書かねばならないのだが、1月初旬のログがすっぽりぬけていて、書かれて …

コヤナギウミウシ属の一種
7/4 今日もマクロダイブ

ロングステイしていただいていたリピーターさんたちの最終日。ヤシャハゼが撮りたいと …

コビトスズメダイyg
7/1 ヘアリーは突然に

リピーターさんたちと連日の3ダイブ。きれいな海もマクロな海も潜ってきます。きれい …

ガラスハゼお腹に卵あり
2/18 ぽかぽかレッドビーチ

先週の大寒波が嘘だったかのようにぽかぽかと暖かい週末に恵まれました。 ほっ。 や …

サラサハゼ
1/26 ふらふら、ふらふら、よろず潜り

寒さもひと段落。今日から週末までは暖かい日が続くようです。 ほっ。 沖縄本島恩納 …

センヒメウミウシかな
1/3/2015 黒センニンウミウシ

今日は北部に遠征。ハナヒゲウツボのいるポイントなのだが、ハナヒゲウツボにお客様は …