スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2009年スピッツ的生物ランキングアウト

   

2009/9/23撮影 クジャクスズメダイ

2009/9/23撮影 クジャクスズメダイ

惜しくもトップ10に選ばれなかったけれど、選定の場までは選ばれていた生物たちをちょっと紹介。

ボートポイントの山田ポイントに出現。私が沖縄に引っ越してきた年に消えてしまったサンゴと共にいなくなって久しかった魚が2009年は戻ってきました。最初は2匹いたんだけれど、最終的に1匹になって、今はまだいるのかな?

模様がとにかく美しい。このポイントに潜るといつも見に行くだけは見に行ってしまう魚です。繁殖できたらいいんだけれど、一匹じゃーねー・・・。この冬を越せるのか? また潜りに行って様子を見てきます。

2009/10/9撮影 セダカギンポ育卵中

2009/10/9撮影 セダカギンポ育卵中

珍しい・・・。セダカギンポが丸見えじゃん・・・。お客さんを呼んだ。見てみて・・・。まる見えぇぇだよ! と教えて、うん? と思った。不自然だよね・・・。並んでいるのもそもそも不自然だし、だいたいなにやってるんだろう? あんな場所に並んで・・・・。卵を持っているときぐらいしかこんなに止まっていないよ・・・と思って、ハタと気付いた。卵を守ってるんじゃないの?

で、よく見たら、黄色い卵が彼らの体の下にあるじゃないの・・・。あらららら。あんなところに産んじゃったのね・・・・。

ギンポたちってみんな穴の奥の方に卵を産むし、ダルマハゼとかのサンゴの隙間で暮らしているハゼたちもサンゴの隙間の奥の方に産卵する。てっきりセダカギンポもそうだと思っていたから、まさかあんなオープンなスペースに産み付けているとは思いもしなかったから気付くのに時間がかかりました。

よっぽど産み心地が良かったのか・・・・、そうか、そうだよね。周囲を見渡すと彼らが住処にすべき大きなハナヤサイサンゴが見当たらない。彼らはもしかしたら住処を持たないホームレスセダカギンポなのかもしれない。ハナヤサイサンゴはないけれど、ソフトコーラルの陰とかに隠れられるから、このへんで住んでもいいや・・・・とか、もしくは・・・・。まぁー想像はいろいろできる。本音のところは誰にもわからないけれど、紛れもない現実。事実は我々の推測を飛び越えて目の前で展開されるのだ。海のすごいところですね。

2009/8/3撮影 マスイダテハゼ

2009/8/3撮影 マスイダテハゼ

過去に一度だけボートに乗って潜ったときに見ていたこのハゼ。ビーチからでも見られないかな? と思っていたら、2009年はしばし継続して見られるチャンスに巡りあえました。

他の場所ではもっと深い場所で見られているのだが、私は水深9Mぐらいで見ていました。浅くて嬉しい。ハゼ自体はとても地味です。目の後ろの黒い線がなかったらダテハゼと大差はない。

見られたことが重要。世間にはこのようなハゼが見たくて見たくてたまらんよーというダイバーもいるので、そーいう人には受けが良かったです。

無理に探そうとはあまり思わないけれど、いたら重宝する。そんなハゼかな・・・。

2009/8/12撮影 ホシギンポ

2009/8/12撮影 ホシギンポ

ギンポとカエルウオの世界はまだまだ奥が深い。年々その思いは強くなる一方だ。どんどん知らない魚が出てくる。去年のアオモンギンポ、キカイカエルウオ、セイシェルズ・ブレニー、ツマリギンポたちも初見だったが、このホシギンポは今年の初見。

そしてこの仲間たちの特徴として、初見のくせにその生息しているエリアに行くとたくさんの個体数を観察できる・・・・というものが挙げられる。

つまり、まだまだ見ていない、覗いていない海が多いのだ。見ているつもりで見ていない穴や窪みや水溜りや、岩の上が多いのだ。

彼らのほとんどはある特定のエリアを好み、そこからあまり動こうとはしない。だから観察は容易だが、撮影は難しかったりする。

たいていの奴らが波打ち際を好む性質を持っているからだ。バベルの塔を隠す砂嵐のように波や波しぶき、うねりを味方につけて捕食者から生き残れる場を探し出した彼らには感心するしかありません。

顔がおもしろいのが私好み。そのおもしろい顔をいつか虫の目レンズでいろいろ撮ってあげたいものだ。今年はそれを頑張ろう。

2009/6/23撮影 タマギンポ

2009/6/23撮影 タマギンポ

タマギンポというのを見たのは数年前。陸上に飛び出していることも多いギンポです。しかしここにタマカエルウオというのもいるってなると本当にややこしくなる。

今年に入って撮影できたタマカエルウオです。

2010/1/3撮影 タマカエルウオ メス

2010/1/3撮影 タマカエルウオ メス

もう気付いておらる方も多いと思うが、この写真は水中写真ではない。陸上写真だ。そして一枚上のタマギンポも陸上写真だ。タマギンポは水中、水深15センチぐらいのところにいて、私の足元のすぐそばだ。私は中腰でデジカメを構え撮影している。魚のくせに陸上でもいられる、この仲間たちにはこの2者の他に、有名なヨダレカケ、ミナミトビハゼなどもいる。ミナミトビハゼなんかはトントンミーという名前で非常に名が売れている。こうやって改めて整理してみると、沖縄本島でもこの仲間たち、けっこう見られることがわかる。マニアックな人とこの仲間を撮影するツアーというのを組んでもいいなー・・・・。

最大の魅力は表情。濡れた瞳に癒されるのだ。

スピッツランキング2009年ランキング

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。
spitzseko

最新記事 by spitzseko (全て見る)

 - スピッツ的生物ランキング, 2009年度ランキング , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

2009/12/23撮影 ハナヒゲウツボ黄色
2009年スピッツ的生物ランキング第6位 ハナヒゲウツボ黄色

2009年の6位は私が見つけたネタではない。近隣イントラTさんに教えていただいた …

コトヒメウミウシsp.
2016年スピッツ的生物ランキング第7位 ウミウシたち

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2011/11/5撮影 オキナワハゼの仲間、未記載種
2011年スピッツ的生物ランキング第7位 オキナワハゼの仲間、未記載種

図鑑「日本のハゼ」に掲載されているオキナワハゼの仲間その2という奴だと思っていた …

2013/6/23撮影 クマドリカエルアンコウ黒色
2013年スピッツ的生物ランキング第3位 クマドリカエルアンコウ 

カエルアンコウの仲間がまたもやランクイン。 今度はクマドリカエルアンコウです。 …

カエルアンコウの仲間
2007年スピッツ的生物的ランキング第9位 カエルアンコウ祭り

今年の春はとあるポイントの狭い範囲にカエルアンコウの仲間が3個体、ボロボロと見つ …

セナキイバラウミウシ
2015年スピッツ的生物ランキング第10位 ウミウシたち

うーん・・・。いろいろいたね~。 それぞれの写真の下にある名前をクリックしてもら …

イトヒキヌメリ属の一種 撮影日2007年7月22日
2007年スピッツ的生物ランキング第4位 和名不明のネズッポの仲間

年に1回は必ず見ている。そんなことを数年繰り返しているが、今年も無事に出会えた。 …

マウデズシュリンプゴビー 撮影日2007年5月25日
2007年スピッツ的生物的ランキング第6位 初見の生物たち

今年は何個体かの初見の出会いがありました。名前のわからない生物までいれるともっと …

2008年7月2日撮影 オイランハゼ
2008年スピッツ的生物ランキング第2位 オイランハゼ

いやー、いい1年だった。この写真を見て、想起する数々のディスプレーに思い巡らせば …

クダゴンベ
2007年スピッツ的生物的ランキング第10位 クダゴンベ

今年の10位はクダゴンベ。夏に発見されてからこれを書いている12月でもまだ見られ …