スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

9/25 カマストガリザメが釣られてる……

   

昨日のメンバーにいつもの地元リピーターさんも加わり、わいわい潜ってきました。もちろん今日もボートダイブ。最近は全然ビーチダイブをやってません。スピッツはお客さんの好みを聞いて、それにあわせて動きます。ボートダイブが良いとリクエストされればボートに。ビーチダイブが良いと言われればビーチに。ご予約していただいたら、趣向をメールでお聞きしているので、いろいろ相談してくださいね。

で、今日も私はそんなに撮影している時間はない。ボートなので、地形も見たりするしね。スミレナガハナダイやヤマブキハゼなんかも紹介してたりする。たまたま探したらピグミーシーホースが見つけられたりもして、かなりラッキーな部分も今日は多かった。

安全停止中に白化したイソギンチャクにハマクマノミがいたので、ちょっと撮ってみた。ストロボをオンにするのを忘れて撮影したのが下の写真。

白化しているイソギンチャクとハマクマノミ、自然光撮影

白化しているイソギンチャクとハマクマノミ、自然光撮影

ストロボを発光させたら下の写真。

白化しているイソギンチャクとハマクマノミ、コンデジ内蔵ストロボ撮影

白化しているイソギンチャクとハマクマノミ、コンデジ内蔵ストロボ撮影

2本目は1人キャンセルになってしまいましたが、去年から恩納村を賑わしてくれているカマストガリザメを見にいってきました。

ちょうどエントリーする前に潜りに行くエリアの陸上で釣り人がなにか大きいのを釣っているかのような動きをしていて、陸上がガヤガヤ賑やかだったので、もしや? と思っていたのだが、その予感はのちに当たることになる。

カマストガリザメの見られるエリアに行ってみたら、ほぼ水面近くをサメがウロウロしているではないか!

あんなに水面近くを泳いでいる様子は初めて見る。

これって、そうなんちゃうの~……と目を凝らすと、やっぱりサメの口から釣り糸が陸上に向かって伸びていました。釣られてるやん、思いっきり……。

カマストガリザメが釣り上げられてる……

カマストガリザメが釣り上げられてる……

お客様にリーフに寄って、かたまるように指示を出す。どう考えても、このままサメがおとなしく釣り上げられるとは考えられない。だって、釣り人が釣っている場所は水面から4~5Mは高い崖の上であり、このサイズのサメをそこまで引き上げる術はないように思えたから。

ってことは、いつかサメは逃げるだろう。糸が切れるかして。そのときに興奮したサメがどのような行動に出るか……ちょっと予測がつかない。なので、早々にこのエリアから離脱しようと決めるまでに1分ぐらいでしょうか。お客様全員、サメは見れたし、そもそもどうしてもサメが見たいってほど固執していたお客様たちでもないし。

なので、離脱っ!! と思ったときに、サメが勢いよく沖のほうに泳いでいきました。

糸が切れたようで、サメは暴れることなく、遠くに逃げていったようでした。それを見て、しばし様子をみようと、居残りましたが、サメは現れませんでした。

他にはアカククリ若魚や、

アカククリ若魚

アカククリ若魚

サンゴの隙間にいる小さな生物を観察してきました。

カサイダルマハゼ

カサイダルマハゼ

午前中2ボートダイブで終了。のんびりしたスケジュールで昼ごはんに沖縄そばを食べて帰りました。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - ダイビングログ, 09/2016 , , , ,

コメントを残す

  関連記事

密度の濃い群れですねー
2/13 クリクリクリアーレッド!!

素晴らしいお天気に恵まれ、素晴らしい透明度も授かり、北風の吹く沖縄本島でのダイビ …

お魚に餌付け中
3/10 寒波到来の中、体験ダイビング

いや~寒かった。久しぶりに豪快に荒れた海・・・の西海岸を横目に見ながらお客様をお …

ヌリワケカワハギ
5/5 真栄田岬のヌリワケカワハギ

今日はボートダイビングの予定でしたが、真栄田のビーチの階段がオープンになったので …

クマドリカエルアンコウ
11/6 オレンジピグミーシーホース

海は日ごとに穏やかになってきている。明日からまた荒れてしまうそうだが、まぁ明日は …

宜野座ボートの魅力、エキジット後の風よけ温室
1/15 宜野座ボートダイビング

年に2回ほど、ふらりと遊びに来ていただいているお二人がまた潜りに来てくれました。 …

シンデレラウミウシ
3/21 ウミウシと穴とウミガメ

今日は二日前に電話で入った予約のお客様が1グループで7名もいたのだが、いろいろ紆 …

ピグミーシーホース
9/16 万座ボートで調査

午前のリバートレッキングを終えて、午後から時間があったので、スピッツに戻る手前の …

青い水とたくさんの魚たち……夏だねぇ~
7/2 青の洞窟スノーケリング

今回、滞在されているリピーターさんは一週間ほどのロングステイ。なので、中日で観光 …

ヒョウタンミノウミウシ
2/3 ボート係留レッドビーチ

「ウミウシが見たいです」とのリクエストをいただき、レッドビーチリクエスト。ポイン …

幸せの黄色いハナヒゲウツボ
12/18 ナイトロックス講習

今日はいつもリバートレッキングを手伝ってくれている琉大の学生さんとそのお友達さん …