スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2009年スピッツ的生物ランキング第4位 ハゴロモハゼ

   

2009/12/31撮影 ハゴロモハゼ

2009/12/31撮影 ハゴロモハゼ

さて、4位はハゴロモハゼが今さらながらランクインしてきた。なぜか?

頑張ってくれたからだ。2009年は個体数も多かったし、オスが多かった。今まではハゴロモハゼがいたとしてもメスの方が断然多くて、うーん・・・という状態が多かったのが事実だ。

オスがいたとしても、あんまりサービスも良くなくてお客様も良い写真が撮れなかったりしていたのだが、2009年は度胸のいいオスが多くて、大変助かった1年でした。

夏場にもっと攻められたら良いのだが、ハブクラゲが大変多いので慎重にならざるを得ないのが現状だ。2009年夏に訪れたときは、陸から探しても容易く6~7匹のハブクラゲを見つけることができた。そーいうときは潜れない。

今年はどんな夏になるのかな?

そして、ハゴロモハゼの仲間として紹介しているこの魚も今年は度胸が良かった。ガンガン寄れました。

2009/7/28撮影 ハゴロモハゼsp

2009/7/28撮影 ハゴロモハゼsp

ザ・ハゴロモハゼと並べると・・・、ふむふむ・・・。なるほどよく似ているね。今年はこのハゼにぜひ和名をつけるべくちょっと頑張ってみたいとも思っている。

ずいぶん長い間、観察できているのに、ずっとsp扱いではかわいそうですからね。

ハゴロモハゼと、ハゴロモハゼsp。似ているが生息環境は異なる。ハゴロモハゼは川の水が入ってくるような場所に多いし、spは完全な海でしか見たことがない。

spは冬になるとその姿が見られなくなってしまうことが多いが、早い年だと2月ぐらいからでも子供が観察できた年がある。多分1年魚だろうと推測していますが、まぁー推測の域を出ない話ですね。

しかしその一方でハゴロモハゼの方は、冬でも成魚をたくさん見ることができますので、よくわからなくなってしまう。

まぁーこれからも観察していきたいと思います。みなさんもぜひ一緒に観察しましょう。

第5位第3位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2009年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2009/9/23撮影 クジャクスズメダイ
2009年スピッツ的生物ランキングアウト

惜しくもトップ10に選ばれなかったけれど、選定の場までは選ばれていた生物たちをち …

フジタウミウシsp
2006年スピッツ的ウミウシランキング第7位 フジタウミウシsp

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

アオサハギ子供
2017年スピッツランキング第7位 アオサハギ子供

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

シラスキバハゼ
2016年スピッツ的生物ランキング第2位 シラスキバハゼ

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2012/12/31撮影 ノアルダ属の一種
2012年スピッツ的生物ランキング第9位 ノアルダ属の一種

ウミウシらしくないスタイルですよね。仲の良いショップさんのログに掲載されていて、 …

2008年7月6日撮影 セイシェルブレニー
2008年スピッツ的生物ランキング第4位 セイシェルズブレニー

見たことのないギンポだ。初対面ではそーいう感じ。名前のわからない魚とはいつもそー …

2009/4/29撮影 アヤヘビギンポ オス 婚姻色
2009年スピッツ的生物ランキング第8位 アヤヘビギンポ

2009年はアヤヘビギンポの婚姻色と生殖活動が観察できました。夏や秋にはここのポ …

2011/1/2撮影 パロンシュリンプ 緑色バージョン
2011年スピッツ的生物ランキング第2位 パロンシュリンプ緑色バージョン

おお。そんな声を発してしまった出会いでした。今は潜れなくなってしまった金武湾のレ …

イトヒキアジyg 11/23/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第7位 イトヒキアジyg

第7位は水中写真ではなく、陸上写真です。瀬良垣漁港内で出会ったイトヒキアジの子供 …

2010/7/25撮影 ミツボシゴマハゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第9位 河口域の魚たち

河口域の生物たちが今年の第9位です。まだまだ未開拓のエリアで、今後もいろんな生物 …