スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

7/4 台風1号につぶされる前に

   

もう一週間以上前のことだが、台風1号が発生し北上していた。ココ最近絶好調なジョーフィッシュたちもこの台風で全部いなくなってしまうかも? と危惧した私は時間をやりくりし、1人でふらふらとまたもや海の中に出かけていくのだった。

と、遊びの1ダイブ。勝手気ままに、撮りたいものを撮り。見たいものを見るのだ。

まずはやっぱり多い、今年が多いのか? 例年多いのか? 記憶にあまりない。

ウチワミドリガイ

ウチワミドリガイ

砂泥地をのしのし移動しているキヌハダウミウシの仲間。

キヌハダウミウシ属の仲間

キヌハダウミウシ属の仲間

そのすぐ近くを闊歩していたあなたは!! ヤノルス・サヴィンキンイ。なんて覚えにくい学名に変わってしまったんだ。トゲトゲウミウシのまんまでも良かったのに……。

ヤノルス・サヴィンキンイ

ヤノルス・サヴィンキンイ

やっぱり、バックライトで遊びたくなってしまった。ミノのバックライト撮り。

ヤノルス・サヴィンキンイ

ヤノルス・サヴィンキンイ

もう一枚。う~ん。やっぱり好きなウミウシだ。今夏も出会えました。よしよし。

ヤノルス・サヴィンキンイ

ヤノルス・サヴィンキンイ

卵があったので、よぉ~く、よぉ~~~~く見たら小さいのがいました。小さいし、細いし、上手に撮ってあげられない。もう少し大きくなるまで台風に負けず、ここにいてね。

ミヤ・ロンギコルニス

ミヤ・ロンギコルニス

う~ん。見ていそうで、実は見ていない。そんな趣のあるミドリガイだ。色合いは実に渋い。

見慣れないミドリガイが……

見慣れないミドリガイが……

テングヘビギンポの顔のアップです。この魚はあんまり逃げない個体が多い気がする。

テングギンポハゼのアップ

テングギンポハゼのアップ

全身ももちろん撮りたいよね。あれ、尻尾、写ってないし……。

テングギンポハゼ

テングギンポハゼ

ヒメイカは見つけたら、深追いせず、まずはあきらめましょう。深追いしなければ、そんなに遠くには逃げないはず。すると近くに隠れる場所を見つけて擬態して隠れて乗り切ろうと試みます。

そのときによく見ていないと、またヒメイカを探すところからはじめないとダメなので、どこに逃げ込むかまではヒメイカから目を離さないようにしましょう。

擬態能力に自信を持っているので、そうなってから接近していけば、けっこう逃げずにがんばってくれる個体が多いように思います。

これは「策士、策におぼれる作戦」というか、擬態能力を持つヒメイカであるがゆえに、その能力を発揮させるだけさせて、自信に酔わせながら、近距離にとどめて……撮る!!

ヒメイカ

ヒメイカ

そして、砂と泥の混ざったエリアを根城にしているサガミツノメエビにも遭遇。この日は数個体に出会いました。

サガミツノメエビ

サガミツノメエビ

正面から撮影してもなかなか色のないエビなので、撮影はあまり楽しくない。はさみに色がついているのだが、なかなかはさみは出してくれないし。出たときには飛んでいなくなってしまうことが多い。

なので、ちょっと横から撮ってみた。

サガミツノメエビ

サガミツノメエビ

目の飛び出ている様子はツノメエビの仲間らしい特徴です。角目、ツノメですからね。

もっと横から撮影してみたら、あら、体にもなんかサイケデリックな模様が入っているんですね。

このエビのサイズは1㎝ぐらいなんですけれど、そのサイズの体をこんなサイケデリック模様でデザインする必要性ってどこにあるんだろうか、創造の神様よ……と、創造の神を信じて感心しても良し。

子孫を残し繁殖するという生命の目標にその模様がどのように寄与しているのか、科学の目で検証してもよし。

どのような視線で生物を楽しむのかは人それぞれ。

私はいろんな人にいろんなパスを出していくのだ。もちろんシュートしてゴールにつながれば私は嬉しいけれど、受け取った人がスルーしても良いし、バックパスで戻すのもよい。パス出しがガイドの仕事の大半なので、よりたくさんの趣向を変えたパスを出せるかがガイドの懐の深さと技だと自覚しているので、さんご礁も泥地も内湾も、河口域も川も。すべての水辺という水辺を自分のフィールドとし、パスを出せるようにこれからもがんばりましょうね。

サガミツノメエビ

サガミツノメエビ

そんなわけで、こちらのクラゲムシだって、パスのやり方によっては実に興味深いパスに変えられる。なので、パスを受けに遊びにきてね。

クラゲムシ

クラゲムシ

おや

明らかに初見のカニだ。模様も初めてだし。サボテングサに隠れている生物はたいてい見てきたけれど、こんな大きなカニが隠れているのは見たことがない。そもそも隠れているのだろうが、カニの体が大きすぎて隠れ切れてないし。

カニの仲間

カニの仲間

甲羅全体が白色で、目に複数の白いドット模様。実に特徴的だ。でも、見たことないぞ。図鑑にこんなカニの写真あったっけ? 撮影しているときはだいたいいつもそんなことを考えている。

カニの仲間

カニの仲間

珍しいカニだってことは一目でだいたいわかるぐらいには潜り込んでいますからね。

カニの仲間

カニの仲間

いっぱい写真撮っちゃった。今度、また会えるかはわからないからね。ベニツケガニ属の一種であろうとFBで教えていただきました。ありがとうございます。

カニの仲間

カニの仲間

そしてこのウミウシが大発生していました。触手先端が二股、三股に分岐している特長はまさにメリベ・メガセラスですね。

メリベ・メガセラスかな

メリベ・メガセラスかな

砂地にいっぱいいるのですが、そのまま撮影しても全然ウミウシらしく撮ってあげられません。

メリベ・メガセラスかな

メリベ・メガセラスかな

ミノが広がったところを……とか、

メリベ・メガセラスかな

メリベ・メガセラスかな

頭部だけをアップで……とか、いろいろ試行錯誤。1人だし、さんざん熟考して粘ってもいいし、いっぱい撮ったけれど……。

メリベ・メガセラスかな

メリベ・メガセラスかな

縦位置にもトライしたけれど、やっぱりウミウシらしく撮れない。いや~、難しいです。

メリベ・メガセラスかな

メリベ・メガセラスかな

そして、トウリンミノウミウシっぽい風貌のこのウミウシ。でも、なんか違和感バリバリ。

ゴディバ・レイチェルアエ

ゴディバ・レイチェルアエ

頭部にあるはずの赤い模様がないよね、このトウリンミノ。おかしい奴だな~と思いながら撮影。

で、帰ってきてから調べてみたら、ゴディバ・レイチェルアエという学名で図鑑に載っていました。が、生息エリアはインド洋となっている。う~ん、君はゴディバ・レイチェルアエなのか?

ゴディバ・レイチェルアエ

ゴディバ・レイチェルアエ

貝殻の模様などからコクテンタマゴガイ? と判断しましたが、自信なし。

コクテンタマゴガイ?

コクテンタマゴガイ?

ミナミホタテウミヘビがいたので、撮影しようと思ったら瞬時に逃げられちゃった。で、逃げた穴を覗いたらエビがいるじゃんっ!!

こんなの初体験ですけれど。

でも、これ以上エビは外に出てこなかったです。お尻しか撮れませんでした。無念。

ミナミホタテウミヘビが隠れた穴の中にエビがっ!!

ミナミホタテウミヘビが隠れた穴の中にエビがっ!!

いつぞやいたササハゼ君、ずいぶん大きくなりました。

ササハゼ

ササハゼ

FBでサンカクヒシガニの子供では? と教えてもらったカニさん。ネット検索して出てきた画像などを見ると、実にそれっぽいですね。

カニの仲間

カニの仲間

砂粒をいっぱいつけているようですが、この砂粒、簡単に落ちません。どうやってかためてあるのだろうか?

カニの仲間

カニの仲間

もう体の一部って感じでした。

カニの仲間

カニの仲間

カニの仲間

カニの仲間

そして台風1号が暴れたら、これで最後になるのかな~と思ったので、たくさんいるジョーフィッシュたちにも別れの挨拶を。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

縁起の悪いこと言うんじゃねぇ、こらぁ~と怒られちゃいました。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

カエルアマダイ

カエルアマダイ

ちょっと前までは子供の個体が多かったのですが、大きいのがちらほら目立つようになりました。大きいのはやっぱり画面いっぱいに撮れるので、楽しいですね~。威嚇もしてくれるし。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

台風1号は思ったほど、暴れませんでしたが、どうなったかな? いろいろあって、その後どうなっているかはまだ見にいけていません。みんな元気にしててね~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 07/2016, ダイビングログ , , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

オオモンカエルアンコウ
1/14 なんでも見ようレッドビーチ

地元のヘビーリピーター様ご来店。お正月は諸事情により潜れなかった……とのことで、 …

カスマの群れ
8/16,17 アドバンス講習をやりつつ……

水中写真のメニューをくわえて、水中写真の楽しさを味わってもらったら、楽しかったの …

ナンヨウボウズハゼ
10/26 川ハゼの調査

今日はリバートレッキングもなければ、ダイビングのお客様もいない。なので、今シーズ …

赤ヨロイボウズハゼ
5/21 赤ヨロイボウズハゼ

で、なんとか、晴れた……とは言えないけれど、雨は降らなかった土曜日。川ハゼガイド …

クマドリカエルアンコウ
4/22 近場2ボートダイブ

早いものでもうGWが終わってしまった。そしてこれを書いている5/8に沖縄本島は梅 …

サフランイロウミウシ
6/23 ウミウシダイブなのだが、ウミウシ出ないね……

ウミウシ大好きOさんが遊びに来たので、ウミウシを探すダイビングをやってきました。 …

コンバトラーV
4/2 手短に真栄田で・・・1人ふらふら

連日の25度超え、暑い沖縄は突然夏が始まってしまったようです。川の水温もメキメキ …

トサカハゼ
10/25 やっと、やっとのトサカハゼ

今日は午前の時間が空いたので、確認したい事案を抱えてチェックに行ってきました。 …

ロブストリボンゴビー
3/26 東風強し、が、東海岸で潜る

天気予報どおり東の風が朝から吹いていましたが、あえて東海岸に車を走らせました。リ …

ヒポカンパス・ポントヒィ
6/9 出会いを求めてふらふら

地元のリピーターさんと新しい出会いを求めてさまよいダイビング。 沖縄本島恩納村の …