スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2009年スピッツ的生物ランキング第9位 ニシキテグリyg

   

2009/6/25撮影 ニシキテグリyg

2009/6/25撮影 ニシキテグリyg

ええ? これが?

そーいう声が聞こえてくるのは十分にわかる。

だって私も本当にそうなのかな? と半信半疑なのだ。

でも、問い合わせた瀬能先生はこう言う、

「おそらくニシキテグリの稚魚です。以前、宮古島でこの手の稚魚が撮影され、ピクチャー・ドラゴネットに同定したことがありますが、最近になってやはりニシキテグリではと考え直しました。今回の個体はこれまでに撮影されているものよりもさらに小さく、色彩が一致しない部分もありますが、雰囲気はニシキテグリの稚魚にそっくりです」

ね?

信ずるしかないよ。

私は信じる。

撮影場所はなんと水納島。砂地の上に点在するガレをめくったら出てきた魚だ。

こんなポイントでニシキテグリは生きられるのだろうか? その問いをダイレクトに瀬能先生にぶつけてみた。

「本来的な場所に着底できなくて死滅していく稚魚も多いのではないかと思います」

とのことでした。

ふむ。ふむ。

そりゃーそうだ。みんながみんなユビエダハマサンゴの隙間に辿り着いて生き延びるわけじゃないしね。と、いうことは間違ってこんなガレバに辿り着いた憐れなニシキテグリygと遭遇したことになる。

撮影中もほとんど逃げなかったけれど、もう弱っていたのかもしれないな・・・。

今年に出会えるかどうかは当然不明。もちろん初見の生物でした。

第10位第8位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2009年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2012/12/9撮影 アゴヒゲハゼ
2012年スピッツ的生物ランキング第4位 汽水のハゼたち

2012年の4位は汽水に住むハゼたちです。 今まで何度も通っていたポイントなので …

ガラスウシノシタ 7/26/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第5位 ガラスウシノシタ

久しぶりの出会いはガラスウシノシタ。ヤフーで「沖縄 ガラスウシノシタ」とネット検 …

ジャビットマンホヤ
2017年スピッツランキング第5位 ほやほや

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2010/9/7撮影 オキナワハゼsp2
2010年スピッツ的生物ランキング第4位 オキナワハゼsp2

地味と言ってしまえばそれまでだ。しかも大きい。8~10センチぐらいある。どでぇー …

ホリミノウミウシ属の一種
2014年スピッツ的生物ランキング第10位 ウミウシたち

2014年もいろんなウミウシに出会えました。名前のあるヤツからまだ和名はおろか学 …

2010/9/11撮影 イレズミハゼ属の1種-2
2010年スピッツ的生物ランキング第8位 イレズミハゼ属の1種-2

夏にほんの数日間だけ見られたこのハゼ。背びれについた大きな黒点があまりにも目立ち …

2012/10/28撮影 ハダカハオコゼ、ピンク色個体
2012年スピッツ的生物ランキング第10位 ハダカハオコゼ、ピンク

え? ハダカハオコゼ? ふ、普通・・・・と言うなかれ。この個体を初めて確認したの …

2013/6/20撮影 ヒメヒラタカエルアンコウ
2013年スピッツ的生物ランキング第4位 ヒメヒラタカエルアンコウ

かなり昔に一度だけ出会っていたと記憶しているが、ほとんど初対面・・・、そんな魚で …

タカノハハゼ、ビンビン
2017年スピッツランキング第4位 汽水のきれいなハゼ

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

コビトスズメダイ
2015年スピッツ的生物ランキング第3位 コビトスズメダイ

探し始めてから、15年ほど? もっとかな。ヒメスズメダイを見るたびに、その周囲の …