スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

6/19 出会いぞくぞく、嬉しさが止まらない

   

7月になったというのに、私はまだ6月19日のログを書いている。とほほ。またたまってきた。夏休みの宿題に泣く小学生のようだと自分のことを思いながら、これを書いているが、小学生の頃の自分と違うことは、好きなお仕事の報告を書いているということだ。小学生の頃はなんでこんなことをするのだろうか? と疑問に思いながら、勉強、宿題をしていたが、今はお仕事であーる。

やらないと、お金稼げないし、ご飯も食べられない。実にシンプルで明確だ。

こんなの見られるから、みんな潜りにきてね。という報告を今から書いていきます。見たくなったら、潜りにきてね~。まずは浅瀬でモンツキカエルウオ。いたりいなかったりだけれど、いないときも周囲のどこかにいるんだろうね。

モンツキカエルウオ

モンツキカエルウオ

この背中の突起は……、ノコギリウミヤッコ子供でいいんじゃないかな……。

ノコギリウミヤッコでしょうね

ノコギリウミヤッコでしょうね

オリヅルエビは本当に動かないね。あまり動かないオリヅルエビはメスだよ、って教えてもらったけれど、君もメスなのかな? オスも見つけてあげたいな。

オリヅルエビ

オリヅルエビ

小さくてかわいかった、ヤドカリ。アデヤカさんですね。オレンジの腕に白い点とかないし。黄色とオレンジの縞々に見えるし。

アデヤカゼブラヤドカリygかな

アデヤカゼブラヤドカリygかな

おぅ~。エンビノアルダ~。ゲット!! このウミウシはやっぱりこのおじさん顔がチャームポイントなので、紹介できるチャンスがあったら、ぜひぜひこの顔、表情を撮ってもらいたい。

エンビノアルダガイ

エンビノアルダガイ

あああ、バランスが……、な、流されるぅぅぅぅぅぅぅ……。がんばれ、ノアルダおじさんっ!! たおれる、たおれるぅぅぅぅ

エンビノアルダガイ、流れに負けちゃう……

エンビノアルダガイ、流れに負けちゃう……

ふぅ~、よっこいしょ。

エンビノアルダガイ、「どっこいしょ」

エンビノアルダガイ、「どっこいしょ」

ね? おじいさんっぽいでしょ?

ウミウシは他にもいろいろ。でも少なくなってきました。

キベリアカイロウミウシ

キベリアカイロウミウシ

ミズタマイボウミウシ

ミズタマイボウミウシ

そして、このバサラカクレエビ。きれいだよね~。普通に顕微鏡モードでストロボをオンにして撮影。

バサラカクレエビ、フラッシュ撮影

バサラカクレエビ、フラッシュ撮影

まぁ~、綺麗なんだけれど、実際に水の中で見ている綺麗さとはちょっと種類が違うんだよな~……って、思ったことありませんか? 生物の色がビチッ!! と写っているんだけれど、写せているんだけれど……、自然光を通して見ている、今の自分の目で見ている生物はこんな色の綺麗さではないんだよね……、と思うことが。

デジタルカメラ全盛となり、撮った写真がすぐに確認できるため、いろいろな試行錯誤が可能となりました。いいことだと思う。見ている色を撮りたいっ!! って思ったときは、ストロボをオフにしましょう。

自然光だけで撮影すると、自分が動いちゃうと手振れしてブレブレな写真になっちゃいますから、ダイビングスキルがとっても重要になりますけれど、そこはちゃんとスキルアップしていただかないと。

下の写真は自然光で撮影。

うんうん。そうそう。こんな感じ。エビの緑や黄色が微妙に水の色で青かぶりしていて、それがなんとも言えず美しかったのよ。

これが撮れたら、今度は、水中ライトで遊んでみましょう。

バサラカクレエビ、ノーフラッシュ、自然光撮影

バサラカクレエビ、ノーフラッシュ、自然光撮影

エビにライトを照射っ!! エビからライトを離したり、近づけたりしながら、カメラを見て、自分の好きな色が出ているところで撮影します。下の写真はけっこう遠めからライトを当てて、ほのかにエビの色が強くなるようにして撮影してます。

バサラカクレエビ、ノーフラッシュ、水中ライトやさしく当てて撮影

バサラカクレエビ、ノーフラッシュ、水中ライトやさしく当てて撮影

そしたら、今度は、エビにはライトを当てないで、周りでうごめいているウミシダにだけ当てます。すると、ほら。

なんか、夜のネオン街で遊ぼうとしている不良バサラカクレエビ風な写真になっちゃった!!

はたまた、夜の歓楽街に背を向けて帰宅するサラリーマンバサラカクレエビ風?

バサラカクレエビ、ノーフラッシュ、水中ライトを手前のウミシダに当てて撮影

バサラカクレエビ、ノーフラッシュ、水中ライトを手前のウミシダに当てて撮影

と、いろいろ遊べちゃうので、ウミシダって本当にすばらしい。

このポイントはウミガメにも高確率で出会えています。マクロ撮影していてもたまにこんな出会いがあると、素敵やん。

お客様とウミガメ

お客様とウミガメ

シャコガイの色がかなり強烈に視界に入ってきたので、撮ってみた。

シャコガイの仲間、自然光撮影

シャコガイの仲間、自然光撮影

こんな場所にイシガキカエルウオとかいたら、最高ですね。いつか、そんな瞬間をお客様に紹介したいね。

シャコガイの仲間、水中ライト撮影

シャコガイの仲間、水中ライト撮影

今が旬。どこにでもいる。イシガキカエルウオの子供。

イシガキカエルウオ

イシガキカエルウオ

タケダイさんとも遭遇しました。

ミクロプロステマ・タケダイ

ミクロプロステマ・タケダイ

キンチャクガニも小さかった。

キンチャクガニ

キンチャクガニ

お、フタスジハゼだって。

フタスジハゼ

フタスジハゼ

タイドプールに突入~。

ヤエヤマギンポ

ヤエヤマギンポ

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

ロウソクギンポは婚姻色が強く出ているタイプと薄いタイプ。いろんな色合いの個体がたくさんいるので、自分に合う色の個体を見つけてね。

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

踊りを見せてくれる子達は、えてして色黒の子です。

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

コバンハゼの仲間の子供。もう少し大きくなったら、名前がわかるかな。

コバンハゼの仲間

コバンハゼの仲間

おおおお……、カエルアンコウぅぅぅぅぅ。

カエルアンコウモドキの子供? カスリカエルアンコウ?

カエルアンコウモドキの子供? カスリカエルアンコウ?

なんてかわいいサイズなんだ~。嬉しい出会いです。カエルアンコウモドキの子供なのかな? ってふと思った。この色合いといい、エスカが見当たらないところといい。でも、魚類写真資料データベースを見てみたら、カエルアンコウモドキってこんな感じじゃないですね。ちがうな。

カスリカエルアンコウっていうタイドプールに住んでいる奴もいるらしいけれど、そっちの方がむしろ似通っているかもしれない。ムナビレの感じとかはね。

かわいいという事実は変えようがない。こんなん見れたときに一緒に潜れていたお客さん、ラッキーだな~。翌日も見に行きましたが、もういませんでしたからね。

カエルアンコウモドキの子供? カスリカエルアンコウ?

カエルアンコウモドキの子供? カスリカエルアンコウ?

そしてタイドプールに来れば、遊んじゃおう、カエルウオとバブルで。小高い丘の上に巣穴を持つヒナギンポ……、ヒナギンポでいいのかな? 魚類写真資料データベースの中のヒナギンポを見ていたら、ちょっと混乱。私の中でヒナギンポたと思っていなかった、この写真の魚。これがヒナギンポなの? また時間のあるときに問い合わせてみよう。

ヒナギンポ

ヒナギンポ

泡、クリスタルモードで光らせてみました。

泡遊び

泡遊び

そーいう場所に魚がいたら、だれかれかまわず撮っちゃう。ヘビギンポ泡まみれの図。

カスリヘビギンポ、ジャグジー状態

カスリヘビギンポ、ジャグジー状態

わざとぼかして、夢の中を演出。

泡遊び

泡遊び

逃げない魚にはとことん寄るべし。顕微鏡モード、クリスタルフィルター使用。

カスリヘビギンポ、、泡メルヘン撮影

カスリヘビギンポ、、泡メルヘン撮影

青いお目めが美しいオキナワホンヤドカリ。

オキナワホンヤドカリ

オキナワホンヤドカリ

昼ごはん食べて、ちょっと深くへ。ピグミーシーホースで遊んできました。

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

近くにいたラベンダーウミウシも。

ラベンダーウミウシ

ラベンダーウミウシ

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

ハナイロウミウシ

ハナイロウミウシ

ウミシダに生物がいたら、ライトで遊んじゃいましょう。

ウミシダウバウオ

ウミシダウバウオ

朝のように夜遊びしているバサラカクレエビの写真を狙ったのだが、難しかった。朝のウミシダはもう少し浅い場所にあって、海中も明るかったし、あんなに自然光でも色が出ていたのかな?

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ

エビにライトを当てないと、エビが暗くなりすぎる。けっこう難しいぞ。これ。朝のはたまたま撮れただけなのか?

今、わかっている成功へのポイント。浅い場所にあるウミシダでやること。陽光が当たって、明るい場所のウミシダでやること。生物が撮りやすい場所にいること。綺麗なウミシダであること。むむむむ、けっこう条件多い。

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ

いっぱいはいないけれど、ちらほらウミウシも目にとまります。

キャラメルウミウシ

キャラメルウミウシ

カサイダルマハゼの子供がいました。かわいい。

カサイダルマハゼ

カサイダルマハゼ

少し奥に行ってしまったので、ストロボがサンゴに蹴られて当たらなくなってしまった。こーいうあるある的状態。カメラを斜めにしたりして、いろいろやってみても、ストロボが魚に届かないことが多いです。そーいうときは、またもやストロボをオフ。

カサイダルマハゼ、フラッシュ撮影

カサイダルマハゼ、フラッシュ撮影

水中ライトを使いましょう。

カサイダルマハゼ、ノーフラッシュ、水中ライト撮影

カサイダルマハゼ、ノーフラッシュ、水中ライト撮影

ライトを使うと、撮れますが、手振れしやすくなるので、ふらふらしないように潜りましょう。

カサイダルマハゼ、ノーフラッシュ、水中ライト撮影

カサイダルマハゼ、ノーフラッシュ、水中ライト撮影

インドカエルウオyg

インドカエルウオyg

インドカエルウオyg

インドカエルウオyg

ミノカエルウオ

ミノカエルウオ

ダンゴオコゼ、久しぶりに恩納村で見たような気がする。

ダンゴオコゼ

ダンゴオコゼ

いると撮影したくなっちゃう、テトラリア・キンクティペス。いい加減に名前を覚えなきゃ。

テトラリア・キンクティペス

テトラリア・キンクティペス

こんなのもいました。

ヒメサンゴガニ属の一種

ヒメサンゴガニ属の一種

浅場のサンゴは完全に戻りました。今年の高水温で白化しないことを祈るばかりです。

サンゴが復活してきました

サンゴが復活してきました

楽しい3本でした。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 06/2016, ダイビングログ , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

ノコギリハギ赤ちゃん
4/24 ノコギリハギの赤ちゃん?

午後から地元のリピーターさんと2ボートダイビング。愛車のリジウスエースが故障して …

ブルーバードリボンゴビー
1/24 青い縞が気になっちゃう

午後から時間ができたので、昨日のあいつにもう一度ロックオンされに行ってきました。 …

アミメウロコウミウシ
11/11 冬到来のレッドビーチ

平日にもたいしてなにも仕事が入らなくなってきて、実に11月らしい。11月ってこん …

青の洞窟スノーケリング、気持ちいいぃぃぃ
4/3 青の洞窟、透明度最高でした!!

今日は朝から青の洞窟スノーケリングツアーを開催。幸運にも海も穏やか。青の洞窟に行 …

Lomanotus sp
4/4 午前到着午後から2ダイブ

今日は福岡から遊びにきていただいたリピーターさんらと午後から潜ってきました。9時 …

ミスガイ
6/2 ミスガイパラダイス

夏のダイビング中断時期前に保留にしていた6/2のログを書かないことには7月に突入 …

ホシゾラワラエビ
6/12 ボートでふらふら2ダイブ

雨が続いています。沖縄本島、恩納村からスピッツダイブセンターの世古のダイブログで …

ニシキウミウシ特大
5/27 5月のレッドビーチでウミウシダイブ

本日はとある事情によりダイビングは午前中のみです。申し訳ございません。で、朝早く …

ツキホシカクレエビ
11/14 トラフザメ子供に会いたい、タナボタツキホシカクレエビ

いろんなショップのログやいろんな人のFBの投稿記事に出てきているトラフザメの子供 …

ジョーフィッシュ黄色
8/26 台風明けボートダイブ

台風明けの初潜り。昨日も場所を選べば海に入れたけれど、お客様はどっしり構えた無理 …