スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

6/17 1人でふらふら、クラゲムシを食べる

   

かねてから、ネタの調査に行ってみたかったポイントに1人でふらふらと潜ってきました。お客さんとはいっぱい行っているけれど、自分だけでふらふら潜れる機会がなかったのだ。

トガリモエビ属の一種にいきなり遭遇。今年もたくさん出てくれるといいなぁ~。

トガリモエビの仲間

トガリモエビの仲間

人工的なものの中にヤドカリ……、いや、シャコがいます。

シャコの仲間、空き缶ハウス

シャコの仲間、空き缶ハウス

ニラミハゼ、もしくはニラミハゼ属の一種ってとこだろうね。

ニラミハゼsp

ニラミハゼsp

エソの仲間ってことで。

エソの仲間

エソの仲間

そしていつものカエルアマダイ。水中ライト+フラッシュです。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

で、フラッシュは消して、水中ライトだけで撮影。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

同じく水中ライトだけで、テングギンポハゼ。

テングギンポハゼ

テングギンポハゼ

カラスキセワタは大きいのから小さいのまでてんこもり~。

カラスキセワタ

カラスキセワタ

いつになったら、ちゃんとした名前で呼んであげられるのかわからないけれど、よく見るカニさん。

カニの仲間

カニの仲間

いつもは砂に潜ってます。

カニの仲間

カニの仲間

出して観察するのも簡単。砂中に潜られて逃げられるのも簡単。

カニの仲間

カニの仲間

お、大きいね~。カラスキセワタ。ばかでかいな……と、思っていたら、

カラスキセワタ、目の前にクラゲムシ

カラスキセワタ、目の前にクラゲムシ

んんん? なんか食べとる~?

クラゲムシ、食べられちゃった……

クラゲムシ、食べられちゃった……

クラゲムシ、食べられてるぅぅぅぅ……。あんなに、大きい口があったんですね~。

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる

クラゲムシを頬張るカラスキセワタ。「そんなにいっぱい口に入れたら、オェッってなるよ!!」と、いつも次女に言っている台詞を教えてあげたいほどだ。

カラスさん、大きいの食べすぎですから~。

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる

丸呑み、ごっくん。って感じ。キセワタってクラゲムシを食べるのか~。知らなかった~。

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる

そのキセワタの背後にうごめくものが……、うーん、君は誰?

philine dentiphallusかな?

philine dentiphallusかな?

ウミウシだとすれば……、philine dentiphallusというのが、一番あてはまっているかな……。ネットでググッても生態写真はゼロだな。珍しいというか、学名がついたのが最近みたい、この種類だとしたら。

philine dentiphallusかな?

philine dentiphallusかな?

で、最後に久しぶりにマウデスシュリンプゴビーにもご挨拶。

マウデズシュリンプゴビー

マウデズシュリンプゴビー

黒白模様がチャームポイント。ちゃんと見ていくと、けっこうな個体数がいます。見たい人はリクエストしてね。さんご礁域では絶対出会えない生き物だし。

マウデズシュリンプゴビー

マウデズシュリンプゴビー

定番化し、いつでもお客様に紹介している黒くて顔のいかついハダカコケギンポ。周囲がお花畑バージョン。

ハダカコケギンポ黒色

ハダカコケギンポ黒色

本当に同じ種類なのか、きみたちは? と疑問に思ってしまうほど、表情に差が出てますね。ただ色が赤と黒というだけの差ではないよね。明らかに黒色の子の皮膚は凸凹した感じだし、にきびの多いストリートのならず者って感じ。

対する赤色の子はつるんとしててアイドル系。赤色の子の人気が出てしまうのは世の定めだとしても、ガイドとして黒い子にも愛を。わけ隔てなく紹介するのだ。

ハダカコケギンポ赤色

ハダカコケギンポ赤色

新しいスズメダイ図鑑にはソラスズメダイ属の一種2として紹介されています。

ソラスズメダイ属の一種

ソラスズメダイ属の一種

1人でふらふら潜って、撮りたいもの、見たいもので時間の許す限り時間を使えるのはこーいうときだけなので、こーいう時間はとても大切ですね。

今年の夏はダイビングのお客さんよりはリバートレッキングで大忙しって感じになっちゃいそう。まぁ、毎年、夏休みはファンダイバーは少ないですけれどね。

なぜ? って?

だって、沖縄旅行にかかるツアー代がとても値上がりするからです。で、みんな9月になって安くなってから潜りにきたりします。

台風のリスクはあるけれど、それがいいかもね~って思えるぐらいチケット代とか高いよね。

明日から、もう7月です。はやいね~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 06/2016, ダイビングログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

自然の宙玉レンズ写真みたい
6/7 浅瀬にて再びミッション失敗。自然の宙玉で遊ぶ

昨日のミッション失敗を挽回すべく、子供らを学校に送った足でそのままポイントに直行 …

カニの仲間を捕食中のシマオリハゼ
10/10 ふらふらネタ探し

とある生物を探したくて、1人でふらふら潜ってきました。 沖縄本島恩納村でダイビン …

ネコジタウミウシsp
1/1 ウミウシ合宿8日目、元旦にぺたぺ~た

明けましておめでとうございます。2017年の初日の出の時間はポイントに向かう車内 …

ニシキヤッコyg
10/10 新規のお客様、雨に泣く

今回のお客様はスピッツを初めて使う選択をしていただいたご夫婦です。このHPを見て …

グルクマの群れ
1/18.19 さして収穫なし

頂き物のドライスーツに年末年始の連続ダイビングですっかり慣れてしまった。なので冬 …

ロウソクギンポのアップ
3/21 リピートしていただきタイドプールへ

土曜日は去年遊びにきていただいたお2人のゲストにリピートしていただけまして、ダイ …

トンガリハゼ属の一種
11/10 空のタンスで……

たいしたヒットもなくお客さんを迎える日になってしまった。あっちゃー。 沖縄本島恩 …

2013/12のボートの様子、部屋になってます
12/17 リピーターさんと宜野座ボート

今日は数年前のスピッツ講習生がお友達を連れてリピートしていただけました。ありがた …

ウミウシだよね……
1/4/2015 ニシヘヒガシヘ in vain

この日はよく移動した日でしたね。まずは西海岸で1本。穴の中のウミウシを潜索。 ニ …

ジャノメハゼ改めオウギハゼ
オウギハゼの追記情報

ジャノメハゼだと思っていたハゼでしたが、ハゼ図鑑の解説者でもあるS先生によると、 …