スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

6/8 衣替えチェックはヒョットコオコゼとともに

   

リバートレッキングもダイビングも入っていない。しかも晴れている。そんな日はあまりない。しかも平日。そんな日はこれからもうないかもしれない。ならば、……と、いろいろ言い訳しつつ、やらなければならないことに背を向けて、近場に潜水。

しかも夏のいでたちで。夏場はいつでもフード付のジャケットだけで潜っているのだが、それで潜って寒くないかどうかのチェックもあわせて行ってきました。

水面近くはかなり温かくて、全然楽勝~って思っていたのだが、深いところはさすがに冷たい、寒い。

でも、ハゼを見はじめると、寒さはあんまり気にならなくなりました。

ホタテツノハゼ属の一種改めオニハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種改めオニハゼ属の一種

早く改訂されたハゼ図鑑が出てほしいですよね~。ホタテツノハゼ属になっていたこれらのハゼたちは、みんなオニハゼ属に分類されてしまっているらしい。

ホタテツノハゼ属の一種改めオニハゼ属の一種、背びれにスミゾメキヌハダウミウシ付

ホタテツノハゼ属の一種改めオニハゼ属の一種、背びれにスミゾメキヌハダウミウシ付

ホタテツノハゼ属の一種改めオニハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種改めオニハゼ属の一種

ここ数年、みんなのアイドルとなってくれているホタテツノハゼは今年も健在。でも、まだちょっと敏感かな……。

ホタテツノハゼ

ホタテツノハゼ

ネタを探して壁をうろうろするも、発見できず。穴から動かなかったカスリイシモチを撮影。

カスリイシモチ

カスリイシモチ

もうそろそろアカメハゼがどこかに居着いていてもいいんじゃない~と探してみたら、毎年、最初に居着くサンゴの上で数匹がホバリングしていました。

アカメハゼ

アカメハゼ

サンゴの上から動かない奴も。

アカメハゼ

アカメハゼ

こちらも定番。毎年お世話になっています。

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

こちらはイレギュラーな出会い。カゴシマオコゼ? と思ったけれど、ヒョットコオコゼなのかな~?

ヒョットコオコゼかな?

ヒョットコオコゼかな?

いたところが奥まった場所だし、上手に撮影できませんでした。

ヒョットコオコゼかな?

ヒョットコオコゼかな?

目の周り、すごい模様だね。うんうん。ヒョットコオコゼかな……。

ヒョットコオコゼかな?

ヒョットコオコゼかな?

ウミウシは今日は見るだけで、別に撮らなくてもいいや~と思っていたのだが、オトヒメがいい場所にいたので、撮ってみた。なんか、撮ってほしかったのかな? 君は。と思いたくなるほどポーズとってくれました。

オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシ

メレンゲウミウシの大きいのもいたし、なんかわかりやすい子が多かったです。

メレンゲウミウシ

メレンゲウミウシ

ゾウゲイロウミウシは交接していたのかな? 奥のほうにいたので、そっとしときました。なので、確認するにはいたっていません。

ゾウゲイロウミウシ

ゾウゲイロウミウシ

サンゴは確かに増えました。どこ見てもサンゴのない場所を探すほうが大変なぐらい。でも、前の方が簡単に彼らに出会えていたように思う。カサイダルマハゼやパンダダルマハゼ。今は探すのが大変。点検すべきサンゴが増えたにもかかわらず、個体数はそんなに増えていない。これから増えてくるのかな?

カサイダルマハゼ

カサイダルマハゼ

ストロボはオフで撮影しています。水中ライトだけです。

カサイダルマハゼ

カサイダルマハゼ

60分以上潜っていると、やっぱり寒くなっちゃう。でも、これからもっとガンガン水温上がっていくだろうし、深い場所でも水温上がってほしいな。

明日はペンキ塗りの1日になる予定。晴れてくれっ!!

と書いていたら、雨の音が聞こえてきた。夜だけにしてほしいぞっ!!

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 06/2016, ダイビングログ , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

サンゴ、ぐっちゃり!!
5/2 万座ボートで3ダイブ

今日から大阪のダイビングショップ、オーシャンダイブさんのショップツアーも参加して …

名前わからないウミウシ
5/19 ウミウシ探してニシエヒガシヘ

今日からウミウシダイブ~と思ったら、いつものウミウシダイバーOさんが突然キャンセ …

イトヒキフエダイ
12/20 レッドビーチで水没テスト

昨日はボートでトライしてみたので、今日はビーチでトライしてみた。もちろんドライス …

ハチマキダテハゼ
3/15 ぜいたくダイビング

お客さんがいなかったので、潜らない日々が続いていたのですが、約10日ぶりに潜って …

ドウクツシマベニハゼ?
8/5 ウミウシ合宿の夏はウミウシ以外も見るべし

今日からウミウシ大好きなリピーターさん。例によってウミウシを探すのだが、夏は少な …

ヤノルス・サヴィンキンイ
10/9 ミジュン球とヤノルス・サヴィンキンイ

う~ん、905hpaが残していったうねりがなかなか消えません。今日も潮の干満を読 …

キンギョハナダイ、オス、胸鰭のチャームポイント撮り
5/26 調査でいろいろ

明日からお客さんが来るので、調査に使えるのは今日が最後。いろいろ見てきました。 …

ケルベリッラ・インコーラ Cerberilla incola
5/30 なんでもマクロ! ケルベリッラ・インコーラ

さてさて、西よりの風になってしまった。少し波立っているし……。どうしましょうか? …

ハゴロモハゼ
10/19 泥地にて調査なり

今日で私は46歳になった。誕生日に時間ができたので、久しぶりのポイント調査。 そ …

コヤナギウミウシ属の一種
7/4 今日もマクロダイブ

ロングステイしていただいていたリピーターさんたちの最終日。ヤシャハゼが撮りたいと …