スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/21 赤ヨロイボウズハゼ

   

で、なんとか、晴れた……とは言えないけれど、雨は降らなかった土曜日。川ハゼガイドに出かけました。が、最初は河口により、カマヒレマツゲハゼをやっつけます。

河口も梅雨時には厳しい環境だし、海は南風でぺたぺただし、当然海で潜った方がコンディションはいいんだけれど、そこにはお客さんの見たいハゼがいないので、あまりベストとは言い得ないようなコンディションの河口に潜入するのです。

濁りが少しでも少ないことを祈りつつ……。

ここのポイント、インコハゼ多いです。

インコハゼ

インコハゼ

黒くて濁っててあんまり見えなかったので、撮ってみたのだがホシハゼのようです。

ホシハゼ

ホシハゼ

カマヒレマツゲハゼ、ここにはいっぱい。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

こちらは若者同士の小競り合いですね。何箇所かで見られました。

カマヒレマツゲハゼの若魚同士の小競り合い

カマヒレマツゲハゼの若魚同士の小競り合い

水面表層にたまった雨水と海から入ってきた海水とが混ざり合ったときに起こるケモクラインのモワモワがひどくなってきてロングダイブは断念。やんばるに移動しました。

ヨシノボリたちも撮影。冬に負けず、ほどほどにきれいでしたよ。

アヤヨシノボリ

アヤヨシノボリ

シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

そんなヨシノボリたちの合間にコンテリボウズハゼも確認、紹介。お客様が撮っておられたので、私は遠目から1枚だけパチリ。

コンテリボウズハゼ

コンテリボウズハゼ

この前エビに詳しいF君に教えてもらったネッタイテナガエビであろう個体がいたので思わず撮影。

ネッタイテナガエビ

ネッタイテナガエビ

ネッタイテナガエビ

ネッタイテナガエビ

ボウズハゼの若い個体はたまに背びれの赤くなっている奴がいます。

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ヨロイボウズハゼも美しい奴がいました。お客様と囲んで撮影。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

石の上にあごだけ乗せて、ちょっと気取った感じのヨロイボウズハゼ。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

背びれを広げてくれました。よかった!!

P5210109

そしてあきらめていた赤ヨロイボウズハゼもいました。かなり前からお客様からのリクエストをもらっていたので、見せられて嬉しかったし、安堵。

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

赤くなっている場所の背びれと尻びれの赤色がビビッドすぎて強烈っ!!

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

撮影風景です。赤ヨロイと対峙するお客様。ヨロイ、ヨロイと何度も書いていると、「進撃の巨人」のヨロイの巨人を思い出してしまうな。

赤ヨロイボウズハゼ撮影中のお客様

赤ヨロイボウズハゼ撮影中のお客様

背びれ全開は撮影できませんでしたが、全部で3個体のアカヨロイボウズハゼが見られたので、梅雨の合間だということも考えれば合格ではないでしょうか?

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

遠いけれど、楽しい川でした。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 05/2016, ダイビングログ , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

オオアリモウミウシ
7/4 万座ボートダイブ

今日もリピーターさん。1人は大きなデジイチダイバー。1人は私の講習生。趣向も潜り …

スミレナガハナダイ
10/15 3年ぶりのダイビング

今日のお客様はリピーターさんなんですが、ダイビングするのは実に久しぶりで3年ぶり …

シロタスキイロウミウシ
12/29 ウミウシダイブ6日目 ウミウシが出てきたよ

昨日のレッドビーチから一転。今日はホームである恩納村の海でウミウシ捜索です。 沖 …

ヌリワケカワハギ
5/5 真栄田岬のヌリワケカワハギ

今日はボートダイビングの予定でしたが、真栄田のビーチの階段がオープンになったので …

自然の宙玉レンズ写真みたい
6/7 浅瀬にて再びミッション失敗。自然の宙玉で遊ぶ

昨日のミッション失敗を挽回すべく、子供らを学校に送った足でそのままポイントに直行 …

キホシミガキブドウガイ
7/5 真栄田岬周辺でボートダイブ

昨日が瀬良垣漁港から出たので、今日はいつもの前兼久漁港から潜ってきました。 沖縄 …

カスミミノウミウシsp
1/8 愛人的ガイド、ヒゲモジャ~カスミミノsp

今日からのお客様は昨日のお客様のご夫婦のお友達。そんでもってスピッツには過去、何 …

ウミガメと一緒に
2/16.17 寒き中を……、感謝

今年は暖冬だな~というのは沖縄に住んでいる人たちの共通する思いであろう。 しかし …

アエジレス・レモンセッロ
4/16 アエジレス・レモンセッロ

暇な土曜日だと思っていたが、ウミウシの好きなリピーターさんがとある事情で潜ること …

青の洞窟でほげぇ~
1/27 初雪寒波の置き土産

今日のお客様はとある筋からの紹介でご来店されたご夫婦。奥様の耳抜きに時間がかかる …