スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2010年スピッツ的生物ランキング第6位 メジロダコ

   

 

2010/10/17撮影 メジロダコ

2010/10/17撮影 メジロダコ

最近テレビによく出てくるのがこのタコ。ココナッツオクトパスなんて呼ばれている。二枚貝の死骸を利用してその中に隠れ、逃げるときは、その貝殻ごと持ち去る様子が話題となっている。レッドビーチで見つけた個体は、貝殻には入っていなくて、岩の上に出ていたので、初めはメジロダコとはわからなかった。(上の写真)

別の場所で貝殻を利用しているメジロダコを見つけて、おおおおおお・・・テレビで見た風景だ。と納得。目の周囲の白い模様もくっきりなので、うんうん、メジロダコだ。と再び納得したのを憶えている。

2010/9/29撮影 メジロダコ

2010/9/29撮影 メジロダコ

よくよく観察したのだが、この貝殻を小脇に抱えて、スタコラと逃げることはしなかった。ずっと同じ場所で止まっていました

別個体は、本当に上手に二枚貝を利用して隠れていました。

2010/9/29撮影 メジロダコ

2010/9/29撮影 メジロダコ

そしてこのメジロダコも逃げてくれませんでした。もっといじめないと逃げないのかなー? だけれど、そーいう行為は、もう時代遅れなので、なかなかできないのでありました。ハリセンボンを見つけたら即座に膨らませて、場を和ませられたのは、かれこれ20年も前の話で、現代は動物愛護の精神に富んでいる。ナイスリアクションを得るためには、ガイド中にフグを膨らませるよりも、いかに上手に正面を向かせるか? とか、レンズ前で静止させるか・・・など、自然な状態のまま撮りやすいポジションに移動させるテクニックを向上させねばならない。捕まえて膨らませるほうが100倍簡単なのは言うまでも・・・・ないよ・・・ね。ガイドの仕方も私がはじめた当初と比較するとかなり変わってきた。時代の波に置いていかれないようにいろんなアンテナの受信度は常時アゲアゲでがんばりましょう。そして発信できる話題性も兼備されていればベターですね。

第7位第5位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2010年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2008年8月31日撮影 カザリカクレウオ
2008年スピッツ的生物ランキング第7位 カザリカクレウオ

またもや私が見つけた魚ではない。知り合いのイントラでもない。お客様が見つけました …

2008年9月15日撮影 ハゼ科の一種14 通称ホムラダマシ
2008年スピッツ的生物ランキング第6位 ハゼ科の仲間その14

まだ和名のついていない魚はたくさんいる。モルディブで仕事をしていたときもそう感じ …

タカノハハゼ、ビンビン
2017年スピッツランキング第4位 汽水のきれいなハゼ

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2008年9月29日撮影 ツバメクサハゼ
2008年スピッツ的生物ランキング第5位 ツバメクサハゼ

こちらも今年の初見。クサハゼばっかりいるような海域に紛れこんでいた。その日はたま …

イトヒキヌメリ属の一種 撮影日2007年7月22日
2007年スピッツ的生物ランキング第4位 和名不明のネズッポの仲間

年に1回は必ず見ている。そんなことを数年繰り返しているが、今年も無事に出会えた。 …

2013/8/15撮影 phyllodesmium keohleri
2013年スピッツ的生物ランキング第7位 ウミウシいろいろ

ウミウシも変な奴に出会いました。 一見、ソフトコーラルの切れ端にしか思えなかった …

ピカチューウミウシことウデフリツノザヤウミウシ
スピッツ的生物ランキング

スピッツ的生物ランキング  2005年から始まった勝手な企画。毎年、その一年を振 …

2008年7月6日撮影 セイシェルブレニー
2008年スピッツ的生物ランキング第4位 セイシェルズブレニー

見たことのないギンポだ。初対面ではそーいう感じ。名前のわからない魚とはいつもそー …

2009/11/2撮影 ガラスウシノシタ
2009年スピッツ的生物ランキング第10位 ガラスウシノシタ

当初の10位はこの魚ではなく川のハゼだった。いろいろ考えて最終的に10位に選ばれ …

2010/7/15撮影 スフィンクスサラサハゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第2位 スフィンクスサラサハゼ

初めて図鑑で見たとき、なんだ? この名前は? そう思った。スフィンクス・・・って …