スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

4/2 ウミウシ合宿パート2最終日

   

昨日のリピーターさんたち、今日までの二日間をウミウシダイビングに使ってくれました。ありがとうございます。本日はそれに加えてもう1人リピーターさんが加わるので、全部で3人で潜ってきました。

今日から加わるリピーターさんはママになってから約3年ダイビングから遠のいているってことだったので、1本目は浅瀬からスタートして肩慣らし的にダイビング。耳の調子もみながら無理しないように。

あまり動き回らず、止まる時間をちゃんと作って、ウミウシも探して……と、やってると私が撮影している時間なんて全然ないので、写真は適当に遠くから記録として撮影しているだけです。

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

前から見ていたハマクマノミ。ただでさえ岩の上で良い場所に住処を持っていたのだが、今日、行ってみたら、家の周りにカラフルなウミシダを配置するすばらしいデコレーションがなされていた。

きっときれいな写真になるはず……と、思って、お客様に紹介。去り際に、私も数回シャッターを押してみたのだが、予想以上に難しかった。きれいな絵にできませんな……。今度、ちゃんと向き合ってみよう。それまでウミシダ、ここにいてちょうだいね。

ハマクマノミのすばらしいおうち

ハマクマノミのすばらしいおうち

今日はボートダイブです。しかも乗合船の上にはスピッツだけっていうラッキーな状況。ポイントも選び放題。1本目を踏まえてお客様のリクエストを考慮しつつ、ポイントを選択。耳がぬけなかったら保守的に、それでいてみんなの耳がぬけて調子がよかったら、攻撃的にもいけるポイントを選択。ラッキーなことに他のボートとはかぶらないで、ボートもポイントもスピッツで貸切となりました。

お客様たちの調子も、1本目で慣れたのか、私が心配していたことなどどこ吹く風。快調に潜降されます。ならば……ってことで、水深27Mのアケボノハゼにトライしてきました。

全然隠れなかったので、みんなで囲んで、ライトも当てて、かぶりついてきました。写真はかぶりつきの様子。どこにアケボノハゼがいるかわかりますか?

このアケボノ君は去年からずっといるんですが、今冬も乗り越えてくれたので、きっと今年の夏も楽しませてくれるはず。

アレボノハゼを取り囲む

アレボノハゼを取り囲む

ウミウシ好きのお客様たちなので、あとの時間はウミウシ探しながらのダイビング。アカテンイロウミウシやキスジカンテンウミウシ、ハバイボウミウシ、チギレフシエラガイなどを紹介。

最後の最後に、1センチ以下のカノコウロコウミウシにも遭遇。超かわいかったです。

カノコウロコウミウシ

カノコウロコウミウシ

3本目はビーチで潜ることにしました。アラリウミウシかと思っていた個体は、よく見てみると、白い縁取りの内側に赤ピンク色の点々がないですね。ってことは、ニタリイロウミウシだ。図鑑「沖縄のウミウシ」で見ると、たしかにそうなのだが、新しい情報に基づいて探してみると、このニタリイロウミウシの学名とされているDurvilledoris similaris というのが最新の図鑑には載っていなかったりするので、学名から全部変わっているのかもしれないね。またなにかわかったら追記していきます。

ニタリイロウミウシ

ニタリイロウミウシ

ドロップオフのリーフの壁にポツンといたカニさん。白くてかわいかったです。サイズは7ミリぐらい。

カニさん……

カニさん……

小さいのばっかり見ていたので、クロスジリュウグウウミウシが出てきたときは、「でかっ!!」と、言ってしまうほどインパクトがありました。

クロスジリュウグウウミウシ

クロスジリュウグウウミウシ

今日は27種類のウミウシが見れました。

複数人一緒に潜ってウミウシダイブしていると、探して、見せた、はい終わり。別の個体を探しましょう……というわけには行きません。

探して、見せて、その人の撮影が終わったら次の人が見にくるまでロストしないようにキープする、って作業が加わってきます。

やっぱりウミウシの良いところはみんながネタを共有できるってところだと思います。見た生物がばらばらにならない。みんなで一緒に潜っているのに、あの人は見れて、私は見れなかった~という「なんで?」感の少ないダイビングができるのが良いところです。

なので、キープしておく時間もガイドの大切なお仕事のひとつ。ただそうやっていると次のネタを探せなくなってしまうので、諸刃の剣とも言えますけれど……。

だから、そんなにたくさんのウミウシは探せなかったのだが、みんなで探しつつ、撮影しつつ、安全に潜れて、わいわいできたら、もうそれで最高じゃんってのがウミウシダイブの基本であり、目指すところなので、今日は本当にうまく乗り切れました。

よかった、よかった。

昨日が28種、今日が27種。重なって見ているのが3種なので、2日間で合計52種類のウミウシを紹介することができました。

ありがとうございました~。また遊びにきてくださいね~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 04/2016, ダイビングログ , , , ,

コメントを残す

  関連記事

ワライヤドリエビ
4/19 雨降りの中2ダイブ

昨日からの雨は昨夜にピークを向かえ、一時的に大雨・洪水警報まで発表されましたが、 …

トラパニア・スクッラ
1/16 で、でっかくなっちゃった……

昨日にまして穏やかになった恩納村。今日は午前中に歯医者さんに行き、そこから仲良し …

シシマイギンポ横顔
6/11 シシマイギンポ調査

これを書いている今は、6/16の朝5時半。5日前のログを書いていくわけだが、天候 …

セスジミノウミウシ、ストロボON
4/30 2ボート+1ビーチ

今日から午前に2ボート、午後から1ビーチのスケジュールで動いていきます。ゲストは …

コベンケイハゼ
9/26 アシビロサンゴヤドリガニは死なず

今日も地元のリピーターさんたちとダイビング。北部まで来ないと、潜れる場所がありま …

アカボウスハゼその1
2/10 最大級寒波の中、川に出動す

今日は早朝からやんばるに行くつもりでいたのに、あまりの寒さに断念。こんな寒い日に …

グルクマの群れ
1/18.19 さして収穫なし

頂き物のドライスーツに年末年始の連続ダイビングですっかり慣れてしまった。なので冬 …

ツキホシカクレエビ
11/14 トラフザメ子供に会いたい、タナボタツキホシカクレエビ

いろんなショップのログやいろんな人のFBの投稿記事に出てきているトラフザメの子供 …

サラサハゼ
1/26 ふらふら、ふらふら、よろず潜り

寒さもひと段落。今日から週末までは暖かい日が続くようです。 ほっ。 沖縄本島恩納 …

Pentaster obtusatus (Bory de St. vincent, 1827)
7/13 二転三転ファンダイブ

昨晩、恩納豚で上等お肉をご馳走していただいたリピーターご夫婦とのダイビング。当初 …