スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2015年スピッツ的生物ランキング第9位 金武岬のコブシメ

      2016/02/05

2015年の冬は金武の港からボートに乗って、西海岸が潜れない海況でも、東側の太平洋で透明度の良い海を潜ることができました。

そして、そこで出会えたコブシメの群れがランクイン。コブシメの産卵シーンや産み落とされた卵を見ることは冬のダイビングのワンシーンとしてそんなに珍しいものではないのですが、ここまでたくさんの大きなコブシメが集まっているシーンはそんなに出会ったことがなかったです。

コブシメいっぱい

コブシメいっぱい

ボートのほぼ真下にサンゴが広がっていて、潜りに行く度に集まっていました。

コブシメ、何匹いますかね?

コブシメ、何匹いますかね?

大きくて、色も派手に変わっていくから、見ていても楽しいし、写真に撮るのもいろいろ考えて撮れます。

シマシマのコブシメが大きい!!

シマシマのコブシメが大きい!!

もうすぐ2月。2016年もたくさん集まってくれるといいな~。

第10位|第8位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 2015年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , , ,

コメントを残す

  関連記事

2010/12/5撮影 ツノカサゴ
2010年スピッツ的生物ランキング第1位 ツノカサゴ

えらい魚に出会ってしまった。第一印象はそんな感じ。こんな眉毛? の魚とは間違いな …

ウズラカクレモエビ
2006年スピッツ的生物ランキング第3位 ウズラカクレモエビ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

不明種
2006年スピッツ的ウミウシランキング第5位 不明種

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2008年7月8日撮影 ユキンコボウシガニことオガサワラカムリ
2008年スピッツ的生物ランキング第9位 ユキンコボウシガニ

マイミクさんの情報からその存在を知ったカニです。まさか小さなチャツボボヤの下にこ …

ちびカエルアンコウ 9/23/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第4位 カエルアンコウ祭り

2014年はカエルアンコウのちびにたくさん出会えた1年でした。9月中頃の台風前は …

2011/8/30撮影  Poraster superbus (Mobius, 1859)
2011年スピッツ的生物ランキング第10位 ヒトデたち

今年は珍しいヒトデに出会えた一年でもむありました。変なものにもよく出会っているシ …

2010/9/7撮影 オキナワハゼsp2
2010年スピッツ的生物ランキング第4位 オキナワハゼsp2

地味と言ってしまえばそれまでだ。しかも大きい。8~10センチぐらいある。どでぇー …

サンゴ畑の白化が止まらない
2016年スピッツ的生物ランキング第1位 サンゴ白化

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2013/6/21撮影 ナギナタハゼ
2013年スピッツ的生物ランキング第1位 ナギナタハゼ

2013年の1位は早々に決まっていました。なんせ・・・、2000年に消息を絶って …

2008年6月24日撮影 ホムラハゼ
2008年スピッツ的生物ランキング第10位 ホムラハゼ

今年の10位はホムラハゼです。私が見つけたネタではない。聞くと、初めに見つけたの …