スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

1/21 山田ポイントで遊ぶ!!

   

あまりにもお客さんいないけれど、海もずっと荒れていたので、特に問題にもしていなかったのだけれど、ちょっと穏やかになったので、近場でボートダイビングしてきました。遊びで。乗せていただいたBショップさん、サンキュー。

で、いろいろネタ探しに奔走したのだが、まぁー特に特筆すべきヒットには出会えなかったけれど、久しぶりの海は楽しかった。

で、遊びなので、自分の趣向にあわせてふらふらしてきました。

目と目の間の赤いラインがなんか……気になるな。ミクロプロステマ・タケダイなのかな? たぶん、そうなんだろうね。

ミクロプロステマ・タケダイ

ミクロプロステマ・タケダイ

見つけたのはガレ場ではなくて、ただの砂地。そこにぽつんとある岩の下にいました。そんなとこにもこのエビは住んでいるものなんですね。

ミクロプロステマ・タケダイ

ミクロプロステマ・タケダイ

隠れるところないし、外敵のベラたちもほとんどこなくて撮り放題な場所でした。

ミクロプロステマ・タケダイ

ミクロプロステマ・タケダイ

浅瀬のサンゴがキレイな海とマッチして美しいです。透明度が良いと、なにを見ても感動してしまう。

透明度が良い海でした

透明度が良い海でした

マツリビハゼも出てきました。色は全然燃え上がらないけれど……。

マツリビハゼ

マツリビハゼ

ボンボリイソハゼは普通にいる感じ。

ボンボリイソハゼ

ボンボリイソハゼ

ワカヨウジは私の中で孤高の戦士的イメージがあるので、ワイド的に撮影。

ワカヨウジ

ワカヨウジ

こんなに広く開けた場所に1人でフンフンと頷いている。孤高の戦士というよりも、孤高の仙人ってイメージだな。

ワカヨウジ

ワカヨウジ

浅い水深でイゾキンチャクエビがいました。安全停止もかねて、このエビで遊ばせてもらいました。まずは普通に撮影。寄ったり……

イソギンチャクエビ

イソギンチャクエビ

ちょっとひいたり……。

イソギンチャクエビ

イソギンチャクエビ

で、もっと楽しく撮ってみたくて、背後からライトでライトアップ。ライトアップしながらもそのままのモードで強制発光にて撮影。

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボ発光

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボ発光

バックライトで遊ぶにはやっぱりストロボはオフの方が楽しいと思います。が、そうすると、より明るい場所のピントをコンデジさんはひろっちゃうみたいで……まぁーそりゃ~そうよね。なかなか目にピントがきません。結果として目にピントは来なかったけれど、こーいう雰囲気の写真は私の好み。

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、目にピントなし

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、目にピントなし

上のポジションよりもエビが前に出てきたので、目の部分にライトが当たるようになったら、目にピントが合いました。でも、撮りたかったのは、その前のカットなんだけれどな~。コンデジの宿命か……。

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、目にピントあり

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、目にピントあり

今度は、そのままズーム、ズーム。TG4の顕微鏡モードをフル活用。寄っていくと、今度はエビの腕の質感がいい感じで見えてきた。腕にもっと立体感がついた写真を撮りたいなぁ~……。

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、寄ってみました

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、寄ってみました

う~ん……、次回の課題だ。

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、寄ってみました

イソギンチャクエビ+バックライト+ストロボなし、寄ってみました

ボートまでの帰り、群がるロクセンスズメダイをワイドで撮影。

ロクセンスズメダイも気持ちよさそう~

ロクセンスズメダイも気持ちよさそう~

サンゴを養殖してるエリアも見てきた。キレイだけれど、夏場よりもなんか、ちょっと魚が減ったような気がしました。

サンゴ畑に整然と並ぶサンゴたち、成長してます

サンゴ畑に整然と並ぶサンゴたち、成長してます

漁協のみなさんが育てている珊瑚が並んでいます。

テーブルでもサンゴ再生させてます

テーブルでもサンゴ再生させてます

テーブルの上にも育ったサンゴがもりもりです。

サンゴ畑は冬でも元気でした

サンゴ畑は冬でも元気でした

1番のターゲットとは出会えなくて、残念だったのですが、まぁしょうがない。あれだけ荒れたら、いなくなってもおかしくないしね。また探しましょう。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 01/2016, ダイビングログ , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

カエルアンコウの仲間
5/30 ギンポ・カエルウオの整理ダイブその3

今日も空いた時間を見つけては、調査に出かける。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さん …

オリヅルエビ
2/26 泥場で迷子

午後から用事があったのだが、仲良しショップのTさんに誘われて、ちょこっと潜ってき …

タイワンマトイシモチ口内抱卵中
4/28 GW前半は仕事の合間に1人でふらふら

まだGWまであと数日。リバートレッキングに行きながら、空いてる時間を見つけてはネ …

密度の濃い群れですねー
2/13 クリクリクリアーレッド!!

素晴らしいお天気に恵まれ、素晴らしい透明度も授かり、北風の吹く沖縄本島でのダイビ …

アカネサスウミウシ
5/26 当たらぬ日々

地元のリピーターさんととあるネタを探しに2ダイブ行ってきました。 沖縄本島恩納村 …

Kaloplocamus dokte valles & Gosliner, 2006かな?
4/17 カロプロカムス・ドクテ Kaloplocamus dokte かな?

今日は地元のお客様と2ボートダイビングの予定が……、風が北風になりボートが出なく …

セダカギンポ
9/25 じっくりビーチダイブ

今日はお客さんとマンツーマンでビーチダイブ。じっくり潜りましょう。 沖縄本島恩納 …

真栄田岬、青の洞窟、やっぱり大渋滞
5/23 真栄田岬青の洞窟スノーケリング

今日はなにもない日……と思っていたら、とあるツテからスノーケリングのお仕事が入り …

キシュウベッコウタマガイ
4/1 南風に誘われて・・・

今日は海に行ってきました。週末に来るお客様があまり過酷なビーチポイントだとお連れ …

トラパニア・スクッラ
4/7 寒波到来の中、赤浜で2ダイブ

案の定北風ビュービュー、冷え込みまくりの沖縄本島。こんな日は温かいシャワーがすぐ …