スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

1/3/2015 黒センニンウミウシ

   

今日は北部に遠征。ハナヒゲウツボのいるポイントなのだが、ハナヒゲウツボにお客様は特に興味なし。ウミウシを探す我々の横で、ハナヒゲウツボが健気に穴から身を乗り出して、シャーシャーやっている。

完全無視を決め込むのも気が引けて、私だけ数枚撮影。大丈夫、キミがまだ一般的アイドルであることに変わりはないからね。今日の我々が少し偏屈なだけだ。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボを無視して、見つかったウミウシたちです。

コトヒメウミウシ属の一種は、新しい図鑑を調べてみたら、Goniodoridella spになっていました。ゴニオドリデラ属の一種ということになるのかな?

Goniodoridella sp.5

Goniodoridella sp.5

ネオンモウミウシは目がかわいいですよね。

ネオンモウミウシ

ネオンモウミウシ

アカボシミドリガイかな? と思われるウミウシ。

アカボシミドリガイかな?

アカボシミドリガイかな?

マイチョコウミウシは以前の図鑑では、Discodoris sp となっていましたが、今回の図鑑ではParadoris spになっているみたい。ホント、いろいろ変わって頭の中大混乱です。

マイチョコウミウシ

マイチョコウミウシ

黒のセンニンウミウシですね。黒の中にきらりと見える濃いスカイブルーがクールです。

センニンウミウシ

センニンウミウシ

もう一枚載せとこう。

センニンウミウシ

センニンウミウシ

こちらのウミウシは新しい名前が私の中で定着してきたゴニオブランクス・プレキオースス。後ろにはユキヤマウミウシ。

ゴニオブランクス・プレキオースス

ゴニオブランクス・プレキオースス

キヌハダの仲間がいたり、

キヌハダウミウシの仲間

キヌハダウミウシの仲間

ウミウシじゃないけれど、キオネミクティス・ルメンガニィがいたので撮影。

ピグミーシードラゴン、学名キオネミクティス・ルメンガニィ

ピグミーシードラゴン、学名キオネミクティス・ルメンガニィ

キレイなサキシマミノウミウシだ。……と、思う。

サキシマミノウミウシ

サキシマミノウミウシ

ヤマトワグシミノウミウシだと思われるウミウシ。

ヤマトワグシミノウミウシ

ヤマトワグシミノウミウシ

ハミノエア・オワリスかと思っ低他のだが、新しい図鑑を再確認したら、こっちのタイプはHaminoe sp扱いになっていました。もぉ~覚えるのは無理だな、こりゃ~。

ハミノエア・オワリスかと思ったら、Haminoe sp

ハミノエア・オワリスかと思ったら、Haminoe sp

ミルクオトメウミウシに、

ミルクオトメウミウシ

ミルクオトメウミウシ

コナフキウミウシ。2016年の正月は見かけなかった。毎年、そんなに珍しくもなく、ぽろっと見つけられてきた……というイメージがあるのだが……。

コナフキウミウシ

コナフキウミウシ

ハイイロイボウミウシでしょうね。

ハイイロイボウミウシ

ハイイロイボウミウシ

え~と……、どなたでしょうかね?

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

目が写っているカットも載せておこう。

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

泥地ではツノザヤウミウシ。

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

フジタウミウシ属の一種も。沖縄の泥地には多いですね。

フジタウミウシ属の一種

フジタウミウシ属の一種

反対にこちらは少ない、ミズタマウミウシ。写真、悪いね~。申し訳ない。

ミズタマウミウシ

ミズタマウミウシ

ホストがだいたい決まっているので、いれば出会いやすい。トラパニア・ギッベラ。

トラパニア・ギッベラ

トラパニア・ギッベラ

アズキウミウシの子供であろうか? という個体。小さかった。

アズキウミウシかな?

アズキウミウシかな?

もう少し大きくなったタイプに、

アズキウミウシかな?

アズキウミウシかな?

完全なる大人のアズキウミウシまでいろんなステージのアズキちゃんがいました。

アズキウミウシ

アズキウミウシ

ここのポイントではたまに見かける、Stiliger sp。タマミルウミウシと同じ仲間になります。

Stiliger sp

Stiliger sp

よくいる、ゴクラクミドリガイの仲間。

ゴクラクミドリガイの仲間

ゴクラクミドリガイの仲間

と、いう感じのウミウシダイブでした。もちろん見られたウミウシはこれ以外にもたくさんいましたよ~。

 

 

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - ダイビングログ, 01/2015 , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

久しぶりのリハビリダイビング
6/19 to 20 リハビリダイビング

今日は数年前のモルディブツアーに参加してくれたパパリン、ママリンさんたちが遊びに …

ハレギミノウミウシ
5/20 ハレギミノウミウシ

本日は2本目から合流する別のリピーターさんもおられるので、遠出はやめてホームであ …

オオアリモウミウシ属の1種2
9/29 ネタ調査的ファンダイブ

来月だと思っていたら今月だった!! びっくり!! そんな感じで以前モルディブで一 …

サクラエリオス・キレムボサ
1/5/2015 サクラエリオス・キレムボサ

2014年末からはじまった昨年度のウミウシ合宿は2015年の1/5で終わりまして …

カニの仲間を捕食中のシマオリハゼ
10/10 ふらふらネタ探し

とある生物を探したくて、1人でふらふら潜ってきました。 沖縄本島恩納村でダイビン …

ミノウミウシ属の一種
2/25 風回り日は事故なく終了

久しぶりにお客さんと潜ってきました。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキ …

ナカモトイロワケハゼ
3/23 ナカモトイロワケハゼ

以前、沖縄に住んでおられたリピーターさんがリピートしてくれました。ありがとうござ …

ピグミーシーホース 卵抱えていました
12/23 年末年始スタート

年末年始のお客さんがやってきました。ここから、今年は1/7までの長丁場なので、イ …

アマミスズメダイyg
6/6 ミッション失敗。アヤトリで遊ぶ

6月の前半だけぽっかり予約が空いている。後半はもうびっしり。なんだろうね、この差 …

カミソリウオ
11/4 北部ボートダイブ、写真なしです

昨日までの穏やかな海が残念なことに荒れてしまったので、今日は北部までやってきまし …