スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

12/9 川の調査その2

      2015/12/23

ニライカナイボウズハゼに関する情報をKさんに教えてもらい、再度アタック。今日は見つけることができるだろうか?

あまり自信はない。

で、結論、いつものメンバーとか探せませんでした。コンテリボウズハゼに、

コンテリボウズハゼ

コンテリボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

酔っ払いヨロイというには、赤色が足りない個体も。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

で、気を取り直して別の川に。まずクロヨシノボリの子供がいました。

クロヨシノボリyg

クロヨシノボリyg

そして、アカボウズハゼのメス。カエルハゼを探しに来たのだが、アカボウズハゼのメスしかいませんでした。

アカボウズハゼ、メス

アカボウズハゼ、メス

オスももちろんいます。良い色になっていました。

アカボウズハゼ、オス

アカボウズハゼ、オス

ここにはボウズハゼも多いです。

ボウズハゼ

ボウズハゼ

そして特筆すべきはヤマトヌマエビの多さ。もうあたり一面ヤマトヌマエビです。

ヤマトヌマエビの群れ

ヤマトヌマエビの群れ

こんなエビです。

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

尾っぽの黒点がかなり特徴的です。

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

そのヤマトヌマエビの群れの中にもアカボウズハゼが発色し泳いでいました。目立つね~。

アカボウズハゼ

アカボウズハゼ

そしてひときわ多いのがソードテールの仲間。尾びれの先が剣(ソード)のように伸びていることからこの名前がついています。この川には2種類いるみたい。オレンジ色のレッドソードテール。

レッドソードテール

レッドソードテール

もうひとつがネオンソードテール。

ネオンソードテール

ネオンソードテール

それらを見ていると、岩肌に見慣れぬエビが……。ヒメヌマエビ属の1種であろうとのことでした。川エビに詳しいF君に尋ねたところ、そのように教えてもらいました。

ヒメヌマエビ属の1種

ヒメヌマエビ属の1種

下流にも下ってみると、川原はたくさんのリュウキュウアサギマダラが飛び交うパラダイスになっていました。しばし川ハゼのことを忘れて撮影。

リュウキュウアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラ

この川にはアオバラヨシノボリというのもいます。

アオバラヨシノボリ

アオバラヨシノボリ

このハゼは沖縄本島にのみ生息すると言われています。しかもやんばる限定。腹ビレの付け根があんなに青色してるんですね。だから青腹ヨシノボリなんでしょうか? たぶん、そうなんだろうね。

アオバラヨシノボリ

アオバラヨシノボリ

クロヨシノボリとどこが違うの? というのは慣れないとかなり判別しにくいのですが、

アオバラヨシノボリ

アオバラヨシノボリ

体に黒色の線がなく、尾びれ基部中央にミッキーマウスのような黒点三つがない。胸鰭基部の黒い三日月模様もない。などが特徴といえるでしょう。

アオバラヨシノボリ

アオバラヨシノボリ

ここではアオバラヨシノボリもクロヨシノボリも見られます。

アオバラヨシノボリ

アオバラヨシノボリ

下の写真がクロヨシノボリです。

私の書いた特徴、わかります?

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

ああ、こいつの方がわかりやすそう。尾びれ基部のミッキーマウス形の黒点3つ。ありますよね?

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

そして川から上がると、またリュウキュウアサギマダラに癒されるのでした。

リュウキュウアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラ

この日は気温も高くて、川の散策にはもってこいの日和でした。これを書いている今、17日の夕方はもう気温が15度ぐらいです。この日は25度ぐらいあったはず。夏が完全に終わったな~。まぁー冬の到来が遅すぎるぐらいでしたけれどね。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 12/2015, ダイビングログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

クロヘリアメフラシ
2/11 ひとりごとのようにだらだら

昨日のログを翌日に書いている。せっかく追いついたし、リアルタイムに近いように、遅 …

ワライヤドリエビ
4/19 雨降りの中2ダイブ

昨日からの雨は昨夜にピークを向かえ、一時的に大雨・洪水警報まで発表されましたが、 …

ゴマイトヒキヌメリ
11/30 ゴマイトヒキヌメリ

仲の良いイントラOさんと一緒に調査ダイビングに行ってきました。ツキホシカクレエビ …

インディアンミノウミウシ
11/8  シシマイ+インディアン+ゴテン

リピーターの女性とマンツーマン。相談してマクロはピグミーシーホース狙い、ワイドは …

青の洞窟スノーケルチーム
6/15 ファン+スノーケリング

今日は八丈島のN君からの紹介で遊びにきていただいた、女性4人組。1人がファンダイ …

イラモツノテッポウエビ
3/18 久しぶりのリピーターさんとじっくり2ダイブ

今日は数年前まで名護に住んでおられたリピーターさんが久しぶりに沖縄に遊びに来られ …

オキナワハゼ
9/25 うねうねより泥んこ

地元のリピーターの女性とマンツーマン。さてさてどこに行きましょうか? という相談 …

ミジュン大群
10/31 カタボシとミジュン球

先日の団体様に続いて今日は大阪のショップツアー。毎年お世話になっているオーシャン …

ツノテッポウエビ属の一種
6/2 調査ダイビング

梅雨だというのに、夏のような青空が広がってしまった。お客さんがいないので、1人で …

名前わからないウミウシ
5/19 ウミウシ探してニシエヒガシヘ

今日からウミウシダイブ~と思ったら、いつものウミウシダイバーOさんが突然キャンセ …