スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2014年スピッツ的生物ランキング第2位 コヤナギウミウシ属の一種

   

コヤナギウミウシsp 9/12/2014

コヤナギウミウシsp 9/12/2014

2014年の中で嬉しかったこの出会い。ウミウシ好きのダイバーでなくとも、美しい生物との出会いはやっぱ嬉しいものです。通常見られる紫色のコヤナギウミウシ属の一種だけでも、そこそこ嬉しいのに、2014年の9月はオレンジ色の個体まで!!

しかも、やらせでもなんでもなくて、同じ場所にでぇーんといまして・・・。ホント最高!!

コヤナギウミウシsp 9/20/2014

コヤナギウミウシsp 9/20/2014

オレンジの個体は、もしかしたら私、初見かもしれません。綺麗ですねー。

コヤナギウミウシsp 5/25/2014

コヤナギウミウシsp 5/25/2014

こちらがよく見る紫のタイプ。これはこれで良いのですが、オレンジのタイプの華やかさには負けちゃうかも・・・と、オレンジを見た今なら言える。

2015年も会いたいなー・・・といつでもこんなコメントで終わってしまうのだが、実際そう思えるのだからしょうがない。また会いたいねー。

第3位|第1位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - スピッツ的生物ランキング, 2014年度ランキング , ,

コメントを残す

  関連記事

ホムラハゼ 8/11/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第3位 ホムラハゼ

ホムラハゼには年に何度か出会います。が、だいたいは一瞬でガレ場の下に潜り込まれる …

2013/12/15撮影 ウルマカエルアンコウ
2013年スピッツ的生物ランキング第9位 ウルマカエルアンコウ

泥地のポイントで出会ったカエルアンコウは白いエスカを持っていました。赤色の生物は …

2013/9/15撮影 イワシ球
2013年スピッツ的生物ランキング第2位 イワシ球

2013年を語る上でこの群れは絶対に外せません。 青の洞窟で有名な真栄田岬に突如 …

2009/9/23撮影 クジャクスズメダイ
2009年スピッツ的生物ランキングアウト

惜しくもトップ10に選ばれなかったけれど、選定の場までは選ばれていた生物たちをち …

2010/7/15撮影 オレンジコンビクトゴビー
2010年スピッツ的生物ランキング第3位 オレンジコンビクトゴビー

初めて見つけたのはお客様だった。紆余曲折があり、いやー・・・。なんだ、これ? っ …

2008年6月21日撮影 アカウントスフェックス・レウリニス
2008年スピッツ的生物ランキング第8位 アカウントスフェックス・レウリニス

多分今まで何度も見ている。だけど全部ツマジロオコゼだと勝手に思い込んでいた。頭の …

2013/6/21撮影 ナギナタハゼ
2013年スピッツ的生物ランキング第1位 ナギナタハゼ

2013年の1位は早々に決まっていました。なんせ・・・、2000年に消息を絶って …

ハナビモウミウシ 撮影日2007年3月12日
2007年スピッツ的生物ランキング第5位 小さなウミウシいっぱい

今年はたくさんの小さなウミウシを見ることができました。ウミウシに詳しいイントラI …

インドアカタチ
2006年スピッツ的生物ランキング第4位 インドアカタチ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

カゴシマオコゼ
2006年スピッツ的生物ランキング第8位 カゴシマオコゼ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …