スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/4 真栄田岬に潜りたかった…

      2016/01/25

予定では今日は真栄田岬で潜る予定だったのだが、予定していたよりも早くに北風になってしまい海が荒れてしまった。私の読みの甘さがまねいた計画変更を余儀なくされ意気消沈だが、反省は反省として踏まえ、きっぱり切り替えることが大切だ。現実のダイビングを楽しいものにするのがガイドの仕事だからね。

そして、地元のお客様が遊びにきてくれて、お客様は2名になったのでした。のんびりいこうぜ。って感じのまったりダイブでいろいろご紹介。

ここはハダカコケギンポのサンクチュアリではないか? と思うほど個体数豊富、カラーバリエーション豊か。いつか一度、ハダカコケギンポだけをいろいろ撮ってみようかな? と思えるほどに表情も多彩で、かわいいです。

ハダカコケギンポ赤色

ハダカコケギンポ赤色

おっ!! 先月に見つけたロマノータスspがまだいました。いつまでいてくれるかな~…。

ロマノータスspまだいるぞ!!

ロマノータスspまだいるぞ!!

こちらは年に1度、この季節によく見つけられるウミウシです。名前がわかりません。図鑑にも載ってないんじゃないでしょうかね。

今年も見られた、ミノウミウシsp

今年も見られた、ミノウミウシsp

オハグロベラ…の仲間です。コッカレルラスと呼ばれているやつだと思います。

コッカレルラス

コッカレルラス

ハダカコケギンポだと思うんですが、この魚って、こんな砂地にポツンと生息しているもんなんでしょうか? あまりに生息環境が他のハダカコケギンポと違うので、不安になってしまいます。もしかして、アライソコケギンポであるかな…。

ハダカコケギンポだと思うんだけれど…アライソコケギンポかな

ハダカコケギンポだと思うんだけれど…アライソコケギンポかな

そしてお客様が見つけたオオウミウマ子供。かわいいですっ!! ピントが合っていません。すんません。

オオウミウマ子供

オオウミウマ子供

お客様と見つけられたらいいねぇ~と話しながら休憩し、エントリーしてみたら、ほぼ最初にビンゴ。この後、巣作りも観察させてくれました。もうカエルアマダイの季節がやってきていたのだ。う、嬉しい!!

カエルアマダイ子供

カエルアマダイ子供

今年は当たり年? と思うほど目に付いたのがイトヒキヌメリ属の仲間の子供。台風が来て、みんないなくなっちゃうのかな~?

イトヒキヌメリ属の仲間子供

イトヒキヌメリ属の仲間子供

浮遊したヒメイカがまたもや獲物を捕獲していた。決定的瞬間をお客様と囲んで撮影。ハレーションがすごいのはしようがない。だってまぁーまぁーの泥場なんだもん。

ヒメイカ、カニを捕食中

ヒメイカ、カニを捕食中

コブシガニ科の一種。けっこういました。

コブシガニ科の一種

コブシガニ科の一種

そして、ついに開花し始めたウミヒルモ。海の中にも花が咲くんです。可憐で華奢な花ですね。もっとキレイに撮ってあげたかった。試行錯誤してみましょう。そうしましょう。

ウミヒルモの花

ウミヒルモの花

朝から風は北よりになっていて、恩納村の海は波が高くなっているが、ここは荒波から忘れ去られた場所のように平穏で、穏やかだ。そうであるからこそ、ロウソクギンポたちも婚姻色を出して色恋に惚けていられるのだ。

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

井戸端会議にも興じていられるのだ。

ロウソクギンポ、お話ですか?

ロウソクギンポ、お話ですか?

くるぶしぐらいの水深を右往左往していたオヤビッチャの子供。速過ぎてコンデジでは全然追いつかない。

オヤビッチャ子供

オヤビッチャ子供

ホホグロギンポは目が赤いだけで、モンツキカエルウオとよく間違えられるけれど、全身を見てしまうと、モンツキとは全然違うのがすぐにわかってしまう。

ホホグロギンポ

ホホグロギンポ

なんか、変な色のヤツがいるぅ~と思ったのだが…、スジギンポががんばって体色を保護色にして、周囲の環境に溶け込もうとがんばっている姿なのかな…と推測。

スジギンポ

スジギンポ

こちらは、キカイカエルウオ。

キカイカエルウオ

キカイカエルウオ

そして、スジギンポ。半分、水面に体が出ています。

スジギンポ

スジギンポ

そして、キヌハダモドキはこーいう環境が大好きみたい。

キヌハダモドキ

キヌハダモドキ

泡を活かした撮影方法を泡メルヘン撮りというらしい。一部のフォト派ダイバーの中で流行っているようで、先日遊びに来たお客様からいろいろ情報を教えてもらった。ふむふむ。楽しそう。で、トライしてみた。私のコンデジオリンパスのTG2は、クリスタルモードというのがあるので、それも併用。すると、背景に取り込んだ泡のそれぞれが輝いてくれるのだ。

ゾウゲイロウミウシ、スーパーマクロモード、クリスタルフィルターON

ゾウゲイロウミウシ、スーパーマクロモード、クリスタルフィルターON

な、なんて・・・、クリスタルなんだ…っ!! ちょっとこの撮影方法にはまってしまいそう…。キレイに撮れるし、楽しいです。でも、ピント合わせが難しいですっ!!

ゾウゲイロウミウシ、スーパーマクロモード、クリスタルフィルターON

ゾウゲイロウミウシ、スーパーマクロモード、クリスタルフィルターON

こんなエビにも出会いました。サンゴヒメエビ属の仲間になるんでしょうね。

サンゴヒメエビ属の一種

サンゴヒメエビ属の一種

でも、お客様のカメラはバッテリー切れでした。惜しかったけれど、デジイチでバッテリーアウトになるほど撮影していただけて、嬉しいですね~。

明日もがんばろう!!

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - 05/2015, ダイビングログ , , , ,

コメントを残す

  関連記事

テングカワハギ
7/15 リベンジ真栄田岬

今日もリピーターさんとマンツー。 この前見つけたニシキフウライウオやスミレナガハ …

トガリモエビの一種
12/23 年末年始スタート

イブイブの12/23。本日は朝からリバートレッキングに出かけてきました。 だって …

ヘルフリッチことシコンハタタテハゼ
9/7 連荘ヘル参り

昨日からのリピーターさんと共にダイビング。海も穏やかでいい感じ。 沖縄本島恩納村 …

赤ヨロイボウズハゼ
5/21 赤ヨロイボウズハゼ

で、なんとか、晴れた……とは言えないけれど、雨は降らなかった土曜日。川ハゼガイド …

イチゴミルクウミウシ
8/6 揺れるウミウシ合宿

昨日に続いてウミウシ合宿なのだが、今日はちと波がある。なんで、波があるのに東側に …

ターコイズミノウミウシ
3/18 二度目の出会い、ターコイズミノ

ウミウシダイブの2日目。風は微風。うねりもほぼ消えてくれました。やったね。 沖縄 …

サフランイロウミウシ
6/29 初夏のウミウシダイブ初日

今日からウミウシ大好きOさんと一緒にウミウシダイブしてきました。 ……。 初夏な …

センジュミノウミウシ
1/21 センジュミノウミウシ

ヘビーリピーターの地元のダイバーさんと潜ってきました。土曜日もご予約いただいてい …

生えもの~美しいもの発見
3/7 インスタ映えを考慮にいれて

えらい寒くなってしまった。いや、この日のことではない。これを書いている今日は3/ …

サラサハゼ
1/26 ふらふら、ふらふら、よろず潜り

寒さもひと段落。今日から週末までは暖かい日が続くようです。 ほっ。 沖縄本島恩納 …