スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

4/27 オキナワモリバッタと遊ぼう

      2015/04/28

GW? なんだ、それは美味いのか?

と、ぼけたくもなるぐらい限りなく普通の一週間な今週ですね。

今日はリバートレッキングのお仕事でした。リバートレッキングのブログはこちらを見ていただくとして、今日はここで森の生物を紹介。

この季節、たくさん見られるオキナワモリバッタです。なんかしゃれた名前でしよう。

こんな風貌です。

オキナワモリバッタ

オキナワモリバッタ

森のバッタなので、緑色かと思いきや、こんなに渋い体色しておられます。

今はシーズンなので、たくさん見られます。たくさんいるところにあたると・・・、

オキナワモリバッタ、群れてます

オキナワモリバッタ、群れてます

げっ!! た、大量・・・。こーいう風景がこの周りにもちらほら見られたりします。鈴なり・・・って感じですよね。

オキナワモリバッタ

オキナワモリバッタ

スーパーマクロモードで寄ってみたら・・・、あら・・・、意外に寄れますねぇ~・・・。

ならば、フィルターもONにして・・・、

オキナワモリバッタ TG2、スーパーマクロモード+フィッシュアイフィルター

オキナワモリバッタ TG2、スーパーマクロモード+フィッシュアイフィルター

背景を粋にぼかして、遊んじゃいました。

山には虫が増えてきました。ああああぁぁぁぁ、海も山も川も・・・いとをかし。

自然っていいねぇ~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 沖縄の山と川のこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

関連記事はありませんでした