スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

12/21 久しぶりに梯子でビーチ

   

昨日からのリピーターさん2日目。今日は東風になるけれど、昨日の北風のうねりがなくなっていなかったので、北部にやってきました。そしてビーチを梯子してきました。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

全然潜ってなかったポイントだけれど、まぁー潜ればなんとかなるのは年の功。

マンツーマンだし。

天気も青空が雲の隙間から見えるぐらいの曇りのち晴れって感じで良好です。

今日のログを今日、書こう。

ファーストタッチはオレンジモウミウシ。

隣にはミドリアマモウミウシ属の一種もいるではないか。

どちらも極小。2ミリないかなーって感じのサイズでした。

オレンジモウミウシ+ミドリアマモウミウシ属の一種

オレンジモウミウシ+ミドリアマモウミウシ属の一種

オレンジモウミウシはちょっと大きいのにも出会いました。

オレンジモウミウシ

オレンジモウミウシ

そして普段なら全然紹介しないオシャレカクレエビ。

モルディブでガイドしていた時は、けっこう紹介した。

沖縄では、けっこう見せにくい場所にいたり、見つけるとすぐに隠れたり。

苦労して紹介した割には、エビ自体に色はほとんどついていないし、てんで絵にならない。

なのでスルーしていたのだが、今日は、いっぱいいたので、試しに紹介してみた。

オシャレカクレエビ

オシャレカクレエビ

ね、地味なエビでしょ。

逃げなかったのでこちらも紹介。ベンケイハゼです。

ベンケイハゼ

ベンケイハゼ

北部のビーチにはアカメハゼてんこもり。

大から小までいろんなサイズが、ホバリングてたり、サンゴの頂きに止まっていたり。

12月でもこんなにいるのかー。ってちょっとびっくり。

アカメハゼ

アカメハゼ

少なかったけれど、ツノザヤウミウシもゲット。

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

お客様はデジイチで刺さるタイプの人なので、待ってる間に私もライトで遊んじゃう。

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

チリメンウミウシは泥地でもサンゴ礁でも見られますね。

チリメンウミウシ

チリメンウミウシ

逃げなかったオイランヨウジ。

オイランヨウジ

オイランヨウジ

こちらも個体数多かった。

サンゴモエビ。

サンゴモエビ

サンゴモエビ

そして多分、私はお初の魚。

タテジマカワハギ。いや、子供を数十年前に見てるかもしれないけれど、全然出会えていない。

タテジマカワハギ

タテジマカワハギ

この頬の白線は特徴的ですね。

一度見たら、目に焼き付いちゃう。

タテジマカワハギ

タテジマカワハギ

おおお、ウミヤッコがこんなサンゴの隙間にいるなんて!!

しかも、トラフウミヤッコじゃん!!

ってびっくりしたけれど、帰って、魚類写真資料データベース見てみたら、下のと同じような写真がありました。

こんなところが住処なのか?

それにしては、今まで出会わなかった。

トラフウミヤッコ

トラフウミヤッコ

撮りやすい場所に出ていた、エンマカクレエビ。

エンマカクレエビ

エンマカクレエビ

まぁー定番。ひげ面ダルマハゼ

ダルマハゼ

ダルマハゼ

ヤツシハゼはたくさんいるけれど、コモンヤツシハゼがいたので、紹介してみた。

コモンヤツシハゼにしては、生息水深が深くないかなー……。

10Mぐらいでした。

コモンヤツシハゼ

コモンヤツシハゼ

いっぱいいた、ニセアカホシカクレエビ。

ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ

泥地にオトヒメウミウシ。

目立ってましたよ。

オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシ

いつもの定番。ヤマンバミノウミウシ。期待を裏切らないネタだ。

ヤマンバミノウミウシ

ヤマンバミノウミウシ

チガイウミアザミがたくさんあったので、期待して探してみたら……。

最後にビンゴ。

リザードミノウミウシ出てきました。

リザードミノウミウシ

リザードミノウミウシ

ホストの上にいると、こんな感じ。

あ、カニもいるね。

リザードミノウミウシ

リザードミノウミウシ

こんなカニがいました。

当然、名前は不明。

カニもいました

カニもいました

ホストはこんな感じ。

チガイウミアザミです。

チガイウミアザミ

チガイウミアザミ

そしてY君からの情報を頼りに探していたら、黒いカエルアンコウに遭遇。

かわいいのー。

カエルアンコウ

カエルアンコウ

まだ名前が定まらないのか……。

長くかかっておられるねー学者の皆さん。

未だに学名、フィコカリス・シムランス。

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

エビがわかりますでしょうか?

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

そしてビンゴ。

赤系のカエルアンコウちび。

カエルアンコウ

カエルアンコウ

黒よりやっぱ、赤だよね~。

かわいいのー。

カエルアンコウ

カエルアンコウ

砂地なので、キヌハダウミウシ属の一種もそりゃーさまよいます。

キヌハダウミウシ属の一種

キヌハダウミウシ属の一種

フタイロサンゴハゼが大量にくっついているサンゴがありました。

フタイロサンゴハゼ

フタイロサンゴハゼ

いろいろ見られた3ダイブでした。

ポイント手前からだらだら探すのも、いとをかし。

明日はボートで行きましょう。西風だしね。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 12/2019, ダイビングログ , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

真栄田岬渋滞にはまり中
6/25 真栄田岬渋滞にもめげず……

今日は昨日からのウミウシ好きのお客様ともう1人、久しぶりにスピッツで一緒に潜るリ …

シラタマツガルウミウシ
12/13 特大シラタマ

陸仕事をするつもりで過ごしていたら、仲良しイントラのTさんから海へのお誘いをいた …

ソメワケイソハゼ
11/8 見知らぬ海に

今日はお呼ばれして調査に参加させていただきました。詳しいことは、全然詳しくない私 …

イソギンチャクモエビ
12/14 連荘レッドビーチ

今日は午前中に川の登録ガイドになるための消防の講習会を受講してきました。 午後か …

現在の極小ウミウシ捜索時スタイル
1/6 ウミウシダイブ最終日、エビもウミウシも

今日でウミウシダイブ最終日。締めはどこにしましょうか? とお客様と相談し、北部に …

青の洞窟~
11/2 青の洞窟スノーケリング

昨日、リバートレッキングに参加してくれたご家族からの急な申し込みで青の洞窟にスノ …

イソカクレエビ属の一種
3/10 甲殻類、ウミウシ、いろいろ出てきた

久しぶり……、と言ってもお正月以来なので、そんなに久しぶりではないか。とにかくリ …

メガネウオだっ!! でぇ~ん……あれ、左目が
10/22 4ダイブなり

今日は昨日からのお客様に加えて、近隣の仲良しショップから紹介されたお客様も一緒で …

カノコウロコウミウシ
3/24 さりげなくカノコウロコウミウシ登場

昨日までは3-4人のお客様で混雑していたのだが、今日からはいつものウミウシ大好き …

ネコジタウミウシsp
1/1 ウミウシ合宿8日目、元旦にぺたぺ~た

明けましておめでとうございます。2017年の初日の出の時間はポイントに向かう車内 …