スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/18 沖縄で海のワイングラス

   

今日は途中から合流するリピーターさんがいるので近場のビーチで潜ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

ここはハゼよりもウミウシって感じのポイントなので、ウミウシを探してみました。

レモンウミウシ

レモンウミウシ

スミツキイボウミウシとミズタマイボウミウシ

スミツキイボウミウシとミズタマイボウミウシ

途中でカスリヘビギンポのペアが婚姻色でアタックしていました。

カスリヘビギンポ、雌雄で婚姻色

カスリヘビギンポ、雌雄で婚姻色

乙女なのにクチヒゲ。

クチヒゲオトメウミウシ

クチヒゲオトメウミウシ

交接しているウミウシを多数見ました。

エレガントヒオドシウミウシ

エレガントヒオドシウミウシ

イガグリウミウシ

イガグリウミウシ

そしてアイドル登場。

アカテンイロウミウシだ!!

アカテンイロウミウシ

アカテンイロウミウシ

お客様がアカテンイロウミウシに刺さっている間に近場の穴を覗いたら、スジシマイソハゼっぽいのがいたので撮影しながら待機。

スジシマイソハゼかな

スジシマイソハゼかな

センヒメウミウシも出てきました。

センヒメウミウシ

センヒメウミウシ

これはなにかわかる?

ヒポカンパス・ポントヒィ

ヒポカンパス・ポントヒィ

白のジャパピグことヒポカンパス・ポントヒィでした。

ヒポカンパス・ポントヒィ

ヒポカンパス・ポントヒィ

ミカドウミウシのちびもいました。

ミカドウミウシ

ミカドウミウシ

たぶんアヤヘビギンポだと思うんだけれど、違うかもしれません。

アヤヘビギンポ

アヤヘビギンポ

撮る角度を変えるだけで、雰囲気の少し違う写真になります。

水面を入れてみた。

アヤヘビギンポ

アヤヘビギンポ

最近の西海岸の浅瀬にはミガキブドウガイが豊富です。

ミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ

そしてインスタなどで写真を見ていたので思い出せたこのワイングラス。

今までも見ていたけれど、きっとスルーしていた……。

海のワイングラスと称されてインスタなどでたくさん紹介されています。

正確には貝の卵なんですけど、ホント、器みたいになってますねー。

海のワイングラス、ナガサキニシキニナの卵

海のワイングラス、ナガサキニシキニナの卵

いつもは東海岸側でよく見るトウリンミノウミウシ、西海岸側で見ると、なんか色が薄いな。

トウリンミノウミウシ

トウリンミノウミウシ

水面近くにアオリイカの子供が3つ。

アオリイカ3兄弟

アオリイカ3兄弟

キャラメルウミウシでも遊ばせていただきました。

キャラメルウミウシ

キャラメルウミウシ

レッドでもいたけれど、ここでも見られたミナミハコフグ子供。

その横にいるのは多分ミナミフトスジイシモチだと思うんだけれど、口の中に卵が入っていました。

ミナミハコフグ子供とミナミフトスジイシモチの口内抱卵

ミナミハコフグ子供とミナミフトスジイシモチの口内抱卵

お客様たちは、ロウソクギンポに長い間刺さっていました。

午後もウミウシダイブは続く。

コナフキウミウシや、

コナフキウミウシ

コナフキウミウシ

コールマンウミウシも交接中。

だが、午後から午前にはなかったうねりが出てきてウミウシがあんまり見当たらない。

コールマンウミウシ

コールマンウミウシ

ダルマハゼたちを探しても去年の台風で大きく育ったハナヤサイサンゴがそろって短くなってしまったのが原因なのかは不明だが、あまり見つけられない。

ダルマハゼたちはいなかったけれど、セダカギンポの卵らしきものがありました。親はいなかったけれど。

たぶんセダカギンポの卵

たぶんセダカギンポの卵

イチゴミルクボヤのブツブツバージョン。

イチゴミルクボヤ

イチゴミルクボヤ

明確に星形マークなのだ。

午前中はウミウシけっこういたんだけれど、午後は少なくなってしまった。やっぱうねりのせいかなー?

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 05/2019, ダイビングログ , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

アケボノハゼ
3/5 ハナゴンベ3兄弟

東から南寄りの風で恩納村の海はペタペタ……かと思っていたら、そんなこともなくて、 …

トウヨウキセワタ属の1種
12/26 万座捜索、ウミウシ合宿2日目

これを書いている今は、2017/1/12。東北ではたいそうな積雪が。テレビの映像 …

フサウミナメクジ
3/25 はしごウミウシダイブでフサウミナメクジ

ウミウシ合宿2日目。風は北から。 ……。 北風に強いポイントを巡る旅だ。これぞ、 …

シロイバラウミウシ
2/23 レッドビーチにて3ダイブ

昨日の変なうねりが頭に残りつつ、ポイントに迷いながらお客様の宿まで車を走らせる。 …

コヤナギウミウシsp
6/9 昨日よりもマクロに、マニアックに……

昨日のダイビングから、小さいものにお客様が萌えていたので、ならば……ってことで、 …

マダラトビエイ
5/16 カメ、マダラトビエイ、ボロカサゴ

いい天気だ。本当に梅雨は来ないかもしれない。このまま夏がくるんじゃないだろうか? …

ニシキアナゴ
3/18 広くなった階段でカールおじさん

午前中のリバートレッキングのお仕事を終えて、午後に時間が少しあったのに加えて真栄 …

アオハチハゼ
3/7 久しぶりにハゼガイド

北東の風がそよそよ。ボートならばダイビングできる西海岸を尻目に、私は東海岸に向か …

シラタマツガルウミウシ
5/24 シラタマツガルからのプチトラパニア祭り

ウミウシ大好きのリピーターOさんが遊びに来たので、レッドビーチでウミウシダイブし …

コヤナギウミウシ属の一種
7/4 今日もマクロダイブ

ロングステイしていただいていたリピーターさんたちの最終日。ヤシャハゼが撮りたいと …