スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2014スピッツ的生物ランキング第8位 ギンガメアジ

      2015/02/10

ギンガメアジ

ギンガメアジ

今冬は珍しいことに、金武のレッドビーチにギンガメアジが出現。しかも、群れです。レッドビーチにはショップをオープンした当初から潜ってきたけれど、こんなことは初めて。加えて、今年は全体的に金武湾の透明度が高い・・・ような気がしている。

なので、ギンガメアジの群れも全体を見れて、お客様もきっと満足・・・な・・・はず。

私のコンデジにはワイドレンズがついていなので、上手に撮ってあげられないけれど、コンパクトデジカメのレンズでもこんなにたくさん写るほど・・・、いっぱいいます。

ギンガメアジ

ギンガメアジ

これを書いている1月中頃でまだ確認できているので、いつまで確認できるか楽しみにしながら観察を続けたいと思います。

第9位|第7位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - スピッツ的生物ランキング, 2014年度ランキング , , ,

コメントを残す

  関連記事

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina
2017年スピッツランキング第3位 オオオキナガニとGalathea erythrina

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2010/9/7撮影 オキナワハゼsp2
2010年スピッツ的生物ランキング第4位 オキナワハゼsp2

地味と言ってしまえばそれまでだ。しかも大きい。8~10センチぐらいある。どでぇー …

2013/6/21撮影 ナギナタハゼ
2013年スピッツ的生物ランキング第1位 ナギナタハゼ

2013年の1位は早々に決まっていました。なんせ・・・、2000年に消息を絶って …

2012/10/28撮影 ハダカハオコゼ、ピンク色個体
2012年スピッツ的生物ランキング第10位 ハダカハオコゼ、ピンク

え? ハダカハオコゼ? ふ、普通・・・・と言うなかれ。この個体を初めて確認したの …

2012/12/15撮影 ハヤセボウズハゼ
2012年スピッツ的生物ランキング第7位 お客様より・・・

地味! まぁーそう言うなかれ。このハゼそのものが7位なのではなくて、このハゼたち …

不明種
2006年スピッツ的ウミウシランキング第5位 不明種

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2011/8/15撮影 ナミダフグ
2011年スピッツ的生物ランキング第4位 ナミダフグ

おっ! 初見のフグだ。すぐにそう思った第一印象。1万本近く潜っていて、すぐにそう …

2013/6/20撮影 ヒメヒラタカエルアンコウ
2013年スピッツ的生物ランキング第4位 ヒメヒラタカエルアンコウ

かなり昔に一度だけ出会っていたと記憶しているが、ほとんど初対面・・・、そんな魚で …

イトヒキアジyg 11/23/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第7位 イトヒキアジyg

第7位は水中写真ではなく、陸上写真です。瀬良垣漁港内で出会ったイトヒキアジの子供 …

2009/12/31撮影 ハゴロモハゼ
2009年スピッツ的生物ランキング第4位 ハゴロモハゼ

さて、4位はハゴロモハゼが今さらながらランクインしてきた。なぜか? 頑張ってくれ …