スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2017年スピッツランキング第3位 オオオキナガニとGalathea erythrina

   

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世古の独断と偏見がすべてのランキングです。でも、2017年版はもともと作るつもりもなかったです。そもそも夏に潜ってないダイビング屋さんなので、生物との出会いが少なかったです。毎年、このランキングを作成するにあたり、書きだめたログを見て、印象に残る写真を選んでいくのですが、そのリストにピックアップされる写真の数がとても少なかったです。とほほほ……

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

次は4位。

甲殻類をふたつ。

両者とも同日、5/21のログに記載されております。

北部のビーチで出会えました。

特徴的な姿なので図鑑で簡単に判別できるかと思っていたのですが、見つけられなくて、やはりフェイスブックの「44の海の談話室」にて名前を教えていただきました。

オオオキナガニ、Heteropilumnus longipes ではないか……ということです。

名前を教えられてネットでググってみたのですが、このカニさん、なかなか出てこなかった。

オオオキナガニかな

オオオキナガニかな

聞けば、けっこうな稀種のようです。

講談社から出版されている「日本産蟹類」という書物に絵で載っているらしい。

そんな図鑑は私は持っていないので、アマゾンで販売されているのなら購入してみようとまたもやググってみた。

オオオキナガニかな

オオオキナガニかな

この図鑑、なんと1976年に出版されていて今は販売していなようです。

中古販売のみ。そしてそのお値段が!!

びっくり仰天の103556円。中古で品質が良くて高いものだと22万円!!!!

ず、図鑑って高いな~。

ポチッと「カートに入れる」ボタンをクリックできるはずもなく、呆れてウィンドウを閉じました。

5/21のダイビングで最後に出会ったのがこのきれいなコシオリエビの仲間。

こちらも名前がわからず、フェイスブックの「44の海の談話室」にて教えていただきました。

Galathea erythrina

和名はないってことです。

こちらはググってみると英語の論文が見られました。

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina

しかし、この派手な体の赤ピンク色に薄いオレンジのハサミして、青い毛をはやすなんて……。

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina

かなりショッキングな風貌です。そしてきれいだった~。

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina

また会いたいけれど、難しいだろうな~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。
spitzseko

最新記事 by spitzseko (全て見る)

 - スピッツ的生物ランキング, 2017年度ランキング , , , ,

コメントを残す

  関連記事

ヒョットコオコゼ
2006年スピッツ的生物ランキング第2位 ヒョットコオコゼ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2009/7/8撮影 スダレカワハギyg
2009年スピッツ的生物ランキング第7位 スダレカワハギyg

これを書く今の今までタテジマカワハギのygだと思っていた。今秋に出演したCSの「 …

シマシマのコブシメが大きい!!
2015年スピッツ的生物ランキング第9位 金武岬のコブシメ

2015年の冬は金武の港からボートに乗って、西海岸が潜れない海況でも、東側の太平 …

2008年7月6日撮影 セイシェルブレニー
2008年スピッツ的生物ランキング第4位 セイシェルズブレニー

見たことのないギンポだ。初対面ではそーいう感じ。名前のわからない魚とはいつもそー …

2011/8/15撮影 ナミダフグ
2011年スピッツ的生物ランキング第4位 ナミダフグ

おっ! 初見のフグだ。すぐにそう思った第一印象。1万本近く潜っていて、すぐにそう …

イトヒキアジyg 11/23/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第7位 イトヒキアジyg

第7位は水中写真ではなく、陸上写真です。瀬良垣漁港内で出会ったイトヒキアジの子供 …

シシマイギンポ
2015年スピッツ的生物ランキング第1位 シシマイギンポ

シシマイギンポというギンポがいることを知ったのはもう10年ぐらい前になるのでしょ …

ハリセンボンに寄り添うコガネシマアジ子供
2007年スピッツ的生物ランキング

2年連続でやってみたら意外に好評だったので、今年もやってみよう!! でも今年は過 …

トゲツノメエビ 9/9/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第9位 復活の生物たち

2014年度を振り返ってみたら・・・、初見の出会いは少なかったのだが、久しぶり・ …

2010/7/25撮影 ミツボシゴマハゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第9位 河口域の魚たち

河口域の生物たちが今年の第9位です。まだまだ未開拓のエリアで、今後もいろんな生物 …