スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2017年スピッツランキング第4位 汽水のきれいなハゼ

   

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世古の独断と偏見がすべてのランキングです。でも、2017年版はもともと作るつもりもなかったです。そもそも夏に潜ってないダイビング屋さんなので、生物との出会いが少なかったです。毎年、このランキングを作成するにあたり、書きだめたログを見て、印象に残る写真を選んでいくのですが、そのリストにピックアップされる写真の数がとても少なかったです。とほほほ……

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

次は4位。

汽水のハゼがランクイン。こちらにランクインした2種のハゼは海の浅瀬でも普通に観察できる種類ですが、もちろん汽水域にもたくさんいますし、むしろそういった環境の方をホームとしているようにも見受けられます。

汽水域でたまに見られる黄化個体が2018年の4位にランクイン。

普通の状態でも大好きなハゼですが、黄化個体ならばなおさらに大好きで、頑張って撮影しました。

汽水域なのでもちろん底には泥がたまっていたりするので、透明度は容易に濁ってしまうのですが、このポイントの環境ではドロドロの場所ではなく、少し硬い砂地に巣穴を作ってホバリングしていました。

ハゴロモハゼ

ハゴロモハゼ

こちらが普通の体色のハゴロモハゼ。

ハゴロモハゼ

ハゴロモハゼ

ごく普通種のタカノハハゼも、ここではなかなか素晴らしい体色になっていました。

下の写真のタカノハハゼでも、まぁ~、そこそこ良い色になっているのですが、

タカノハハゼ

タカノハハゼ

こんな感じで素晴らしい色になっているタカノハハゼにも出会えまして、普通種といえど侮ってはいけないな~と痛感。

タカノハハゼ、ビンビン

タカノハハゼ、ビンビン

撮影したのは6月の終わりですが、この頃のハゼたちは、みんな良い色してましたね。

タカノハハゼ

タカノハハゼ

今年も出会えるかな?

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2017年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2009/4/29撮影 アヤヘビギンポ オス 婚姻色
2009年スピッツ的生物ランキング第8位 アヤヘビギンポ

2009年はアヤヘビギンポの婚姻色と生殖活動が観察できました。夏や秋にはここのポ …

タマミルウミウシ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第8位 タマミルウミウシ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2009/12/20撮影 フラッシュな自然光 コンテリボウズハゼ オス
2009年スピッツ的生物ランキング第2位 川のハゼたち

2009年は川の魚をいろいろ見られた一年でした。冬にはじめたやんばるの山と川の散 …

カマヒレマツゲハゼ
2015年スピッツ的生物ランキング第4位 河口域の生物

2015年に新しく入った河口域は新鮮な驚きだった。今までの河口域でのダイビングと …

2011/8/30撮影  Poraster superbus (Mobius, 1859)
2011年スピッツ的生物ランキング第10位 ヒトデたち

今年は珍しいヒトデに出会えた一年でもむありました。変なものにもよく出会っているシ …

ツマジロオコゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第10位 「虫の目レンズ」との出会い

2010年の第10位は生物じゃないです。申し訳ない。「虫の目レンズ」との出会いと …

サンゴ畑の白化が止まらない
2016年スピッツ的生物ランキング第1位 サンゴ白化

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2012/12/15撮影 ハヤセボウズハゼ
2012年スピッツ的生物ランキング第7位 お客様より・・・

地味! まぁーそう言うなかれ。このハゼそのものが7位なのではなくて、このハゼたち …

トゲノコギリガザミ
2017年スピッツランキング第8位 海藻からトゲノコギリガザミ

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2009/6/25撮影 ニシキテグリyg
2009年スピッツ的生物ランキング第9位 ニシキテグリyg

ええ? これが? そーいう声が聞こえてくるのは十分にわかる。 だって私も本当にそ …