スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

1/2 ウミウシダイブ10日目 トラパニア祭じゃぁ~

   

新年2日目。この日は我ながら会心のガイドだった。こんなに出てくるのか!! と海のポテンシャルに驚愕した1日でした。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

お客様は4名。お正月満員御礼が続いております。働かせていただける幸せを実感する新年だ。今日はトラパニアの仲間が本当によく見えた1日でした。こんな日もあるんだ……という新鮮な驚きと共に、ファーストコンタクトはトラパニアsp。

現場ではトラパニア・アルミッラだと思ってガイドしていたけれど、ゴスデスレンス図鑑で見ていると、どうも違う気がする。アルミッラってもっと硬そうなイメージの写真。むしろ、sp.5の方がしっくりくる。サイズは2ミリぐらいです。

Trapania sp.5(ゴスデスレンス図鑑)

Trapania sp.5(ゴスデスレンス図鑑)

もはや見ない日はない、コトヒメウミウシsp。レッドビーチならば簡単に出会えるウミウシになりつつある。写真にも2個体写っていますね。日々成長して大きく育ってきています。大きいほうの個体で5ミリぐらいです。

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

そして2ミリぐらいのヒョウタンミノウミウシ。こいつは逃げ足が速く、4名様全員に紹介することができませんでした。

ヒョウタンミノウミウシ

ヒョウタンミノウミウシ

ヒョウタンミノウミウシ

ヒョウタンミノウミウシ

そして現場ではゴミかな? とスルーしていたこの白い物体。念のために……と撮影しといて、PCで見てみたら……。

これって、パンダツノウミウシ?

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシの子供だよね、これ? サイズは3ミリぐらい? 小さかった~

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

これらのウミウシにお客様がそれぞれ刺さっておられる間に辺りをウロウロしていると……。

おぅ!!

叫ばずにはいられない出会い。

トラパニア・スクッラじゃん!!

過去にも数回しか出会ってない超レア種であることも嬉しさの一因を担っていることは間違いないが、この容姿の華麗さよ。

毎年この時期にウミウシダイブしてくれるお客様からずっとリクエストいただいていたウミウシでもあったので、紹介後に思わずガッツポーズしちゃった。

Trapania scurra トラパニア・スクッラ

Trapania scurra トラパニア・スクッラ

「見える、僕にも見えるよ、ララァ~」というのは機動戦士ガンダムのアムロのセリフだが、今の私だってアムロに負けないぐらい「見える」のだ。

その近くにはモウサンウミウシの特大。こちらはお客様の発見。こいつは大きかったです。サイズは1センチ強。まぁ、大きくてもそれぐらいなんだけれどね。

モウサンウミウシ

モウサンウミウシ

そして、今の私には見える!! その近くに極小のモウサンウミウシもいました。こちらは1ミリぐらい。

今の私ならガンダムだって乗りこなせるさ。

モウサンウミウシ

モウサンウミウシ

お客様自身でもいろいろ見つけて来てくれるところが素晴らしい。イチゴミルクウミウシはお客様の誰かの発見。みんなありがとう。

イチゴミルクウミウシ

イチゴミルクウミウシ

数あまたある捜索すべき場所の中から、なぜ、そこを私が覗いたのか? 今となってはまったくわからない。

奇襲するザクを遠くから見ることができるアムロのように、頭にピピッと稲妻が走ったのかもしれない。

ウミウシニュータイプとして覚醒してしまったのかもしれない。

導かれ、覗き、ライトを照らしたら……。

いたのだ、こいつが。

見た瞬間、ウミウシかどうかは半信半疑。こんな色合いのウミウシ、今まであんまり見ていなかったから。

顕微鏡モードで撮影し、画像を拡大して確認。

びっくり!!

Trapania sp.8(ゴスデスレンス)

Trapania sp.8(ゴスデスレンス)

なんだ、このおしゃれな容姿は。まるで洋菓子のようだ。この白色が素晴らしすぎる~。

当然、みんなで刺さりまくり。

Trapania sp.8(ゴスデスレンス)

Trapania sp.8(ゴスデスレンス)

 

お正月の……ウミウシが好きなお客様で満員御礼の時にこんなのが出て来るなんて、私のガイド運、新年からマックスじゃん!!

その間にもお客様の発見は続いていく。シロミノにコトヒメ。どれも小さいウミウシばかりだが、お客様たちがみんなで見つけてくれる。もしや、みんなもウミウシニュータイプ?

シロミノウミウシ

シロミノウミウシ

コトヒメウミウシ

コトヒメウミウシ

「アムロなら、見えるわ」と言ったガンダムのララァの言葉が何度も何度も頭の中でリフレイン。

「世古なら、見えるわ」とララァに頭の中で言わせて自らを鼓舞。

すると、今度はアオモンツガルウミウシが視界にズームインっ!!

アオモンツガルウミウシ

アオモンツガルウミウシ

スゲ~。

ここまで連続でトラパニアが出てきたことは私のダイビング人生でも記憶にない。しかも、出てるトラパニアの種類がレア種ばっかで、マジ半端ない。

現在FCケルンの大迫選手の「大迫、半端ない」に負けないぐらい、自我自賛。今日の私は半端ない。

今度はコクテンタマゴガイがきたぁ~。

コクテンタマゴガイ

コクテンタマゴガイ

大晦日にもいたディヴェリシドーリス・アウランティオノデュローサはまったく動いていませんでした。

ディヴェリシドーリス・アウランティオノデュローサ

ディヴェリシドーリス・アウランティオノデュローサ

そして、またもや「ピピンっ!!」と来た。

本日、2個体目のトラパニア・スクッラ。

これでブライトさんにも、私がニュータイプだって認めてもらっていいんじゃないの? というところまで鼻が高くなってしまう。

1日に2個体ものトラパニア・スクッラに出会うなんて。

赤いカイメンの上に乗っているので、君がシャアなんだろう。

Trapania scurra トラパニア・スクッラ

Trapania scurra トラパニア・スクッラ

シャア~。

う、美しすぎ~。

悶絶したい。

なんで、こんな模様で姿なのか?

また出会いたいな~。

Trapania scurra トラパニア・スクッラ

Trapania scurra トラパニア・スクッラ

おっと、そういえば、ナイトダイブでオリヅルエビに出会っていたじゃん。

トラパニア祭りがあまりにも絶賛開催中だったので、その存在をすっかり忘れていたが、ダイビング中に思い出して昼間でも見られるか確認しに行ってみると、なんと、同じ場所にいるじゃ~あ~りませんか。

チャーリー浜もびっくり。

オリヅルエビ

オリヅルエビ

キャロットシードミノウミウシ

キャロットシードミノウミウシ

そしてお客様自身でもアオモンツガルウミウシをゲット。間違いない。あなたもニュータイプ。ウミウシニュータイプだ。

アオモンツガルウミウシ

アオモンツガルウミウシ

そしてお客様が見たがっていた、カベイロ・ファスミダもゲット。

カベイロ・ファスミダ

カベイロ・ファスミダ

いや~。すごかった。こんな日があるんだな。自分でもびっくり。

ここに載っているウミウシ、全部目で見て見つけているので、ひとつの岩めくりもしていない。

あおって水流を起こす探し方もしていない。それがまたいいね~。

なぜそれが可能なのか?

それがこれだ。

老眼鏡付きマスク

老眼鏡付きマスク

ブルーベリーサプリ飲んでても、たいして改善しない老眼にはもう老眼鏡だ。

もうこれなしでは潜れません。明日以降も「見える」ぜっ!!

老眼鏡、ありがとう~。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - ダイビングログ, 01/2018 , , , , , , , ,

コメントを残す

  関連記事

1/17 モンツキウシノシタ

冬花盛り。今冬は温かいなぁ~と余裕をかましていた日々はすでにいつのことだったのか …

ピンクダートゴビー
6/22 ビーチ梯子ダイブで超浅場を移動

昨日から参加してもらってるヘビーリピーターさん。昨日はボートダイブに付き合ってい …

ホシゾラワラエビ
6/12 ボートでふらふら2ダイブ

雨が続いています。沖縄本島、恩納村からスピッツダイブセンターの世古のダイブログで …

カラスキセワタ、クラゲムシを食べる
6/17 1人でふらふら、クラゲムシを食べる

かねてから、ネタの調査に行ってみたかったポイントに1人でふらふらと潜ってきました …

ツルガチゴミノウミウシ
2/9 極寒レッドビーチ

最高気温17度の予定だったけれど、全然温かくならない。北風も強くて西海岸の恩納村 …

サンゴ畑にコブシメ
10/6 恩納村ボートダイブ

今日もホームでボートダイビング。 沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング …

ヒポカンパス・ポントヒィ
6/9 出会いを求めてふらふら

地元のリピーターさんと新しい出会いを求めてさまよいダイビング。 沖縄本島恩納村の …

ヤシャハゼのダブル
7/16 マクロにワイドにマンツーマン

今日は北部で潜ってまして、マクロもこなしつつ、ワイドでもやってみたいというリピー …

ユウグレイロウミウシ
11/23 連休初日レッド

11月の中旬はダイビングもトレッキングもそれほどご予約がなく、のんびり陸仕事をこ …

バオバブカイカムリ
5/1 貸切残波ボート+真栄田ビーチ

5月に入りました。すでに2016年も4ヶ月が終わってしまった。そして夏が始まる。 …