スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2007年スピッツ的生物ランキング第3位 学名ゲラストカリス・パロナエ 英名パロンシュリンプ

      2017/02/20

パロンシュリンプ 撮影日2007年2月15日

パロンシュリンプ 撮影日2007年2月15日

以前からこのエビがいたことは聞いていました。もうかれこれ・・・、数年前から・・・。

でも探しに行かなかったのは、深かったから。私の行ける水深ではありましたが、そこまで行って探そうとは思わなかった。

改めて見てみたら、けっこう魅力的。この赤い個体はお客様が見つけたもので、しばらくこれでネタになるなーと思っていたら、あっという間にロスト。

しばらく頑張って探しましたが、もう二度と見つけられませんでした。

あれから・・・・、8ヶ月。近隣ショップのTさんが見つけたと聞き、その情報にあやかって見てきたのが下の個体。

パロンシュリンプ 撮影日2007年10月26日

パロンシュリンプ 撮影日2007年10月26日

今度は地味な色の個体でしたが、いっぺんに3個体もかたまっていました。
むむむむむむむ・・・・。
水中では2個体しか確認できていませんでしたけれど・・・・。

1番大きな個体だけ撮ると下の写真のようになります。

パロンシュリンプ 撮影日2007年10月26日

パロンシュリンプ 撮影日2007年10月26日

右側が頭で目があるのがわかりますかね? しめしめ、3個体もいたら、今度こそ・・・。
しばらくこれで大丈夫・・・・。

と、思っていたら、またもや次に見に行ったときにロスト。しかも3個体ともロスト。なんでー? その後も潜るたびに捜索していたら・・・、

パロンシュリンプ 撮影日2007年12月8日

パロンシュリンプ 撮影日2007年12月8日

同じような色の個体に巡りあえた。これは幾分小さめで、サイズは2センチ弱といったところ。
インドネシア・バリなどでは見られているそうだが、日本ではけっこう珍しいはず。まだシーズナリティーなどは不明だが、冬にいるってことは通年見られる可能性が高いのかな。

これを書いている12月になって、ボコボコ見つかってきた。けっこうな個体数いるみたいです・・・。今までなにしてたんだろーってこーいう時に思いますね。

パロンシュリンプ 撮影日2007年12月23日

パロンシュリンプ 撮影日2007年12月23日

パロンシュリンプ 撮影日2007年12月23日

パロンシュリンプ 撮影日2007年12月23日

いつでも提供できるネタにすべく、精進いたしますので、またみんな潜りにきて、見てやってくださいませ。そのエビらしくない風貌と周囲のカイメンに溶け込む擬態の巧みさに舌を巻くこと必然なのだ。

第4位第2位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2007年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2013/10/20撮影 イレズミウミヘビ
2013年スピッツ的生物ランキング第8位 イレズミウミヘビ

図鑑では見たことがあったけれど、初見。ウミヘビの仲間には2種類あって、爬虫類のも …

ニシキフウライウオ抱卵中
2007年スピッツ的生物的ランキング第7位 生物の産卵行動

今年は真栄田岬でニシキフウライウオがたくさん見つかりました。すぐにいなくなった個 …

カミソリウオ
2006年スピッツ的生物ランキング第6位 カミソリウオ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

アオセンミノウミウシ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第10位 アオセンミノウミウシ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

イトヒキヌメリ属の一種 撮影日2007年7月22日
2007年スピッツ的生物ランキング第4位 和名不明のネズッポの仲間

年に1回は必ず見ている。そんなことを数年繰り返しているが、今年も無事に出会えた。 …

2011/11/5撮影 オキナワハゼの仲間、未記載種
2011年スピッツ的生物ランキング第7位 オキナワハゼの仲間、未記載種

図鑑「日本のハゼ」に掲載されているオキナワハゼの仲間その2という奴だと思っていた …

2009/4/29撮影 アヤヘビギンポ オス 婚姻色
2009年スピッツ的生物ランキング第8位 アヤヘビギンポ

2009年はアヤヘビギンポの婚姻色と生殖活動が観察できました。夏や秋にはここのポ …

2010/7/15撮影 スフィンクスサラサハゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第2位 スフィンクスサラサハゼ

初めて図鑑で見たとき、なんだ? この名前は? そう思った。スフィンクス・・・って …

2012/11/4撮影 Bulbonaricus davaoensis
2012年スピッツ的生物ランキング第8位 Bulbonaricus davaoensis

ずっと探していたけれど、なかなか当たらない。ホストのサンゴはけっこうどのポイント …

2008年7月2日撮影 オイランハゼ
2008年スピッツ的生物ランキング第2位 オイランハゼ

いやー、いい1年だった。この写真を見て、想起する数々のディスプレーに思い巡らせば …